2021年05月11日

男やもめ暮らしのしんがらめ(妻のお陰?)

GUM06_CL06031.jpg

 先日、三カ月置きの定期検診に掛り付けの脳外科へ行った。2013年6月に患った脳梗塞の経過観察である。
予約制ということもあり比較的開始時間が大幅にズレることは無い。最近は担当医も決まっていて比較的話し易くなっている。有難いことだ。前回は血糖値が高く「そろそろ薬を変えなきゃダメかな」と患者に聞こえよがしに自問自答していた。薬の量が多くなるのは歓迎できない。「先生、次回迄努力してみますので変更は待って頂けますか」ということで、その場はやり過ごしたのだが、その後運動量を増やした訳でもなく改善は期待できず、覚悟はしていた。血液検査の結果を見て医師曰く「はらっちさん大分努力しましたね、HbA1cが6.4になっていますよ」「えっ、」と言葉を一言返す。「いや〜、この一月で体重が2s減りまして、食欲は変わらないのですが、妻が入院したことによる心労ですかね」「奥さんには申し訳ないけど、それが要因でしょう」という結論に落ち着いた。しかし血液の値までが気持ちの持ちようで変わるとは。今では、減量による体調不良も無いので2s減量のままで維持している。
posted by はらっち at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188661913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック