2021年05月13日

男やもめ暮らしのひんがらめ(本日の夕食))

DSC02032c.jpg
  ”5月13日夕食 ”

 男やもめの食事準備は、「出来るだけ手間を掛けずに美味しければ良し」の信念だ。自分で食事の準備を経験して、料理人の手際の良さ、厨房を預かる大半の奥方に尊敬しかない。レトルトの野菜を食べてばかりではいけないと、簡単な惣菜に挑戦してみた。「小松菜のゴマ和え」である。今日、小松菜とほうれん草を購入してきた。お浸しばかりでは脳が無い言われかねないので奮起。小松菜を茹で冷水でしめて、ゴマと砂糖、醬油と和える、それだけでも何か達成感がある。小松菜は茹で過ぎずにシャキシャキ感を残すのがポイント。入門編はクリアと自画自賛している。
 豚の角煮、サバの味噌煮、絹豆腐の奴、シジミわかめスープ、それに梅干し、デザートはキウイとトレイに収まる範囲の定番品数の夕食である。この後の後片付けが無ければと思うのだが。
posted by はらっち at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
掲載を再開されてよかったです。
奥様の調子はいかがでしょうか?
こんな時期なので面会もままならず、気晴らしもままならずで大変な事と思いますが・・・
やはり今後の事を考えると家事の実践はとても良い事だとおもいます!
お食事の内容をみると我が家のだんなよりも全然上手に出来ているなと感心しております。
近くには新鮮で美味しい野菜が沢山手に入る場所なので日持ちのする物を多めに作って小分けに食べるのが家計にも優しくてよろしいかと思います。
今はネットでなんでも簡単に検索できるので、安く手に入った野菜と簡単メニューと打ち込めばバッチリです。
くれぐれも頑張り過ぎないように!
我が家も雑草との仁義なき戦いが始まっています(〃゚艸゚)プッ
Posted by あゆっち at 2021年05月14日 09:49
あゆっちさん

ご心配いただき有難うございます。12日に近くのリハビリを主とした病院へ
転院しました。ホテルと見間違えるような佇まいです。
自活できる体制作りに前向きですよ。(笑い)しかし、こんなに食べることに
労力を使うとは。
手抜きすると体力低下にもなりますしね。確かに多めに作って小分け保存で
食べるのが、安くて便利でしょうね。そこに行き着くのに時間が掛りそうです。(笑い)

Posted by はらっち at 2021年05月14日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188667934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック