2021年06月03日

ヤマシャクヤクの苗を取りに行く

DSC09857ac.jpg
  ”シラネアオイ園内のワサビの花 (2017年5月15日)”

 昨日、シラネアオイ園に「ヤマシャクの苗」を取りに行った。「シラネアオイ園」は、福島県南会津の水無川沿いの山肌の斜面にある。名前の通り「シラネアオイ」の群生地で、コロナ前はツアーバスが来るほどの賑わいになっていた。4月中旬の開園移行、山野草が次々と園内を演出して、見るもよし、撮るもよしといったところだ。
 我が家の庭にも、シラネアオイ園から移植した山野草が何種類かあり楽しませてくれるが、「ヤマシャクヤク」は成績が悪い。今年の春先は、二芽顔を出したので喜んでいたのだが、いつの間にか枯れてしまった。このような事情を園のオーナー佳奈さんに話して、丈夫そうな種類を用意してもらっていた。クリーム色の単衣の花を付ける「ヤマシャクヤク」、結実した種が独特な色合いの「ベニバナシャクヤク」と2種類を持ち帰った。「ヤマシャクヤク」の方は、既に花は終わっているが、「ベニバナシャクヤク」はこれからの開花だ。片道、64qの峠越えだが、甲子トンネル付近は、見渡す限り新緑一色で気分爽快であった。
posted by はらっち at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188727978
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック