2021年09月15日

酔芙蓉が咲き始めた

DSC02757c.jpg
  ”酔芙蓉(9月15日16時頃)”

 「Stay home」の生活には、慣れてしまった。といっても田舎暮らし、人を避けて歩き回ろうとしても容易だが、自分に優しい性格が後押ししてロッキングチェアに身を任せてのんびりと時を数えている。生活のアクセントとしては、庭に下りて草をむしるか、蜘蛛の巣を取り除く程度だ。庭には、シュウメイギク、秋海棠、バラが咲き、そして酔芙蓉が咲き始めた。昨年より1週間早い。
 酔芙蓉は、名前の通り酔うという名前が付いている。最初は白花だが、徐々に酔いを増すように桃色から赤色に変って行く。朝方は白色だったのが夕刻に赤色になっている場合もある。蔓延っていて庭の一角を占領するように存在感がある。最初に知ったのは、石川さゆりの「風の恋盆唄」で歌われる歌詞から興味を持ったのきっかけである。
posted by はらっち at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188998872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック