2021年10月17日

新米を頂く

DSC02856c.jpg
   ” 頂いた新米10s(10月17日)”

 那須地方、新米が店頭に並び始めている。我が家では、米どころ伊王野地区の知人にお願いして玄米を購入して食べる時に自宅で精米機に掛けて精米している。今年は、新米にありついていない。玄米の注文の取りやめた。昨年手配した玄米が大量に残っているからである。二人分の消費で計算していたが、やもめ暮らしになって消費量が少なくなったことが誤算だ。新米の活字が消える頃に、今シーズンの米にありつけるようになるのだろうと推測していた。
 今日、久しぶりに「SUZUKEN」の事務所を訪れた。世間話をしオーナーの趣味の深さに感銘して帰宅したのだが、その時新米を頂いた。「はらっちさん、どこの米を食べています?」と問いかけられて、「伊王野の米です」というと「それじゃ〜太刀打ちできないね」とやり取りがあった。確かに、那須の米は評判が極めて良い。早速に、夕飯に水の量を控えめにして炊いてみた。新米独特の艶と香り、美味しく頂いた。予期せぬ新米の食卓に感謝。

posted by はらっち at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189072641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック