2022年01月28日

遊歩会「つばきの里コース」を歩く

椿の里コース.bmp
  ”コースガイド(つばきの里コース・伊王野)”

 那須遊歩会は、那須町内に設定されている健康ウォーキングコースを隔週金曜日に歩いている。今日は、伊王野地区の「つばきの里コース」を歩いた。走行距離5.5q、所要時間2時間と設定されている。 コロナ感染拡大中であり、マスク着用、出来る限り私語を慎むなど感染予防対策を講じての開催となった。参加人員は、5名と少ない。8時に、「道の駅東山道伊王野」を出発した時は、マイナス2度の寒さ。

DSC09585c.jpg
  ”伊王野温泉神社の注連縄 ”

 コースは、全てを歩いた経験は無いが、那須検定出題の現地調査で何回か訪れたところでもあり、懐かしい。コース始めに目に付く伊王野小学校は、廃校になり取り壊しが進んでいた。長源寺から古代蓮の池を廻り、伊王野支所(公民館)」に入ると、目の前は東山道に出る。別名義経街道で「いざ鎌倉」と義経が人馬一体となって奥州平泉から走り抜けた街道である。支所からすぐに「伊王野温泉神社」に着く。注連縄が那須以外の地域で目にする形と違うのが特徴だ。三蔵川に架かる大河原橋を渡ると、行程の約半分を終わり上り勾配から下り勾配に移りホッとする。これまでに歩いたことのない山沿いの道を歩く。専称寺の枝垂れ桜を見ると、道の駅は目の前になる。約8000歩、1時間20分ほどの所要時間で予定より早く帰ってきた。次回は、那須街道沿いの赤松林コースが予定されてる。
posted by はらっち at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189300221
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック