2022年02月23日

病魔に負けた知人に合掌

OIP.jpg

 夕刻から夜半にかけて雪が降る。ここ数日のパターンだ。今(19時)も降り始めてウッドデッキが白くなり始めた。日本海側にお住いの方達からは「その程度の雪で騒ぐな」とお叱りを頂きそうだが、何とも気が重い。
 カーテンを開けてそのような天候を眺めていると、知人のOさんから電話が入った。「Mが逝ってしまったよ」と悲しい報せだった。Oさん、Mさんとはゴルフ仲間である。このお二人を含めて通常7〜8人のメンバーで毎月、ゴルフを楽しんでいるのだが、その仲間に入れて頂いている。このグループは、高校を関西の超名門校卒業生で東京で大学生時代を過ごし、それぞれに社会の第一線で活躍され那須高原に別邸を持たれている。
 亡くなられたMさんは学生時代はラガーマンで就職されてからは海外の駐在歴も長かったと聞いている。大分前に前立腺癌を患っているがどう見ても病魔が「まずい人に宿ってしまった」と後悔していたはずだ。しかし、その堅牢な身体にも隙があったのだろう転移再発し、自宅療養していた。メールのやり取りでは、4月にもゴルフに復帰参加するような意気込みだった。世話役立場のOさんの落胆も夥しい。コロナ禍では、天国へ送り出すのも儘ならないかもしれない。健康に留意と云っても病魔が隙を狙っているのだ。寒い夜になりそうだ。
posted by はらっち at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189355443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック