2022年03月16日

有り難味も半分

page3.16.jpg
" 玉切り途中の原木(3月16日)”

 「薪が有るけど要らない?」とご近所のNさんから声を掛けられたのが3日前の日曜日。我が家から100mと離れていない雑木林の中に案内された。そこには大木が横たわっていた。経緯を聞くと隣接する宅地に陽があたらず業者が伐採をしたとのこと。その宅地は、地鎮祭が行われ新築の家が建ち今年の夏までには青森から移住されてくるらしい。Nさんはこの辺では情報通。
 月曜日より少しづつ玉切りして運び易い大きさにしようと作業を始めたのだが、何せ大木、直径は35〜40pである。それも生木だ。40pにカットしても20〜25sあるだろう。「腰を痛めないようにね、高い買い物にはしないようにね」とNさん。5年前なら1日頑張れたのだが、今は3時間を限度にしている。2カットしただろうかチェンソーが不機嫌になる。これ幸いと作業終了。足場が悪いこともあるが、久しぶりの大木に有り難味も薄れている。
posted by はらっち at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ワオーこれは大物ダネ!
玉切りにするだけで大変ですね。
手斧での薪割りは更に大変ですね!
無理せず頑張って下さい。
当方は今日も知人の林間地に行き
10〜15cmの青ハダを4本伐採。
80cmにカットしてマイカーで
お持ち帰りしました。
今の時季、樹液を含んできているので
カットするのも一苦労です。
Posted by 薪G at 2022年03月16日 21:30
薪Gさんへ

 そうなんです。太すぎますよ。玉切りした後、現場に積んで置き、多少枯れてから
運ぶことにしています。玉切りも時間を置きたいんですけどね。
ま〜気長にやります。
Posted by はらっち at 2022年03月17日 06:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189401687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック