2022年06月14日

休耕田の姿

20220614_144039.jpg
" 休耕田の姿(6月14日 曇り)”

 那須高原地区には、開発された別荘地住宅地が点在している。その間は、昔の姿そのままに田園風景が広がっていた。移住して間もない頃は、我が屋付近の住宅地と幹線道路へ繋がる間は水田が広がり、田植え、稲刈りの光景も見ることが出来た。今日、散歩コースに道の駅方面に出掛けてみた。このコースは、余り距離が無く運動のための散歩には不適当なのだが、怪しい雲行きにこのコースを選んだ。
 我が家を出ると、以前のような水田は無く荒れた地が農道を挟むように続いている。減反施策が背景にあるのか、後継者難が農業を衰退させているのか詳しくは判らないが変貌し続ける原風景が残念である。
posted by はらっち at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189601785
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック