2022年08月16日

那須町芦野を歩く

page.jpg

 久しぶりに芦野に足を運んだ。芦野地区は、五街道の一つ奥州街道(奥州道中)に位置する。那須町は、1954年(昭和29年)に那須村、伊王野村、芦野町が合併し誕生した。芦野は歴史的にも貴重な位置付けである。那須町内には、黒田原、芦野、伊王野に道路元標がある。起点としての役割があったようだが、今はその役目を閉じている。芦野の道路元標は、芦野郵便局前にある。
 芦野地区町仲町通りは、今でこそ旧街道と云われているが、当時の奥州街道宿場だった。街道中央には水路があったと云われているが、今でもそれが残っていれば風情は大分変ったのではないだろうか。町おこしの一環として、旧屋号を持つ家屋の前には、石灯籠が設置されていて、昔を偲ぶことが出来る。御殿山の桜の季節には大変な賑わいがあるが、今は閑散としていて残念な思いだ。仲町通りには,五寺(建中寺、揚源寺、三光寺、最勝院、西)など多く寺院があるが、その中の一つ三光寺は松平定信公の書による額がある。通りはそれほど長くは無いので、季節の良い時に散策しながら歴史を肌で感じることも出来る。
posted by はらっち at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189753737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック