2022年09月07日

きぼう(国際宇宙ステーション)飛行ルートを見て

きぼう飛行予定.JPG
        " きぼう飛行ルート ”

「来週、ISSが頭上を飛ぶよ、撮影してみたら」と天体撮影に詳しい友人から電話が入った。天体撮影をしたのは2019年北極圏ノルウェー・トロムソでオーロラ撮影が最後だ。タイムラプス撮影となると経験がない。天体撮影は光害を嫌う。真っ暗な所で撮影することは苦手だ。そもそも臆病なのだ。「愛用のカメラではインターバル撮影は厄介だよ」と未経験丸出しの回答を即否定されて、翌日慌ててカメラの機能チェックをした。何のことは無いメニューにインターバル設定が出来るようになっている。今日、恥を忍んで友人に解決の報告をする。
 飛行ルートを見ると17日に上空を飛ぶようだ。さて、未経験者が一発で仕留めることが出来るかである。その前に最大の条件のクリアが不可欠で晴天であることだ。神様のご機嫌を取る上でこれから普段の行いを聖人君子にすることが必須なようだ。
  
posted by はらっち at 19:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おっISS次は17日ですか。はらっちさん撮影されるのなら何としても見ておかねば。楽しみですね。
台風など来ないように。
Posted by スーさん at 2022年09月07日 22:09
スーさん

 人工衛星を眺めるなど60年以上前のことですね。どの飛行ルートなのか
それを予測しないと撮影は画面に収まりませんね。肉眼では、瞬時に対応は
出来ますが。
 光害を避けて山の方に車を走らせたいと思っています。さて結果は?
Posted by はらっち at 2022年09月08日 04:33
那須方面だと、16日の方が程よい高さを飛ぶと思います。
17日は天頂に近い角度で飛びます。
ほとんど真上にカメラを構えないとなりませんね。
18日辺りも、少し低い角度ですね。

期待しています。
Posted by タケチャン at 2022年09月11日 14:07
タケチャンへ

アドバイスに感謝です。さてどのような結果になりますか。乞うご期待と云いたい
ところですが、全く自信が有馬温泉。
Posted by はらっち at 2022年09月11日 14:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189798518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック