2022年11月17日

年賀状作成に向けて住所録の整理

DSC04434c.jpg
    " 郵便局で頂いたトイレットペーパー(11月17日)”

 喪中のハガキが届き始めて、年賀状準備の季節到来を知る。例年は、12月になってから準備を始めるのだが、パソコンを開いて少し早めに住所録のメンテナンスをした。住所録は、私と我が家に関係のある人達全てが収まっている。今年頂いた年賀状を引っ張り出し再度、送信、受信記録が間違いないか確認する。終活の一環なのだろう年賀状のやり取りを終了する人、他界した人、住所の変更通知が修正されているか等結構時間が掛る。最後に、年賀状の発信枚数が表示される。寂しいことに全盛期の約1/3にになった。この数を持って郵便局に歩いて行った。我が家から約700m、運動不足解消の一環だ。椅子に座って順番待ちをしていると顔馴染みの女性係員がやって来た。「今日はどのようなご用件ですか」と。年賀状の手配はいつもは長男がやってくれているので郵便局で入手するのは久しぶりだ。「年賀状の購入です」というと「何枚ですか」と返って来た。「お年玉付きの切手**枚と葉書***枚をお願いします」と云うとお礼の言葉が。「年賀状の販売と同時に門松を立てていたよね、今はしないの?」と質問すると「数年前からやっていません」という。「費用削減か寂しいね」というと苦笑していた。干支の包装紙でラッピングされた不思議なトイレットペーパーが入った包みを抱えて帰路につく。

posted by はらっち at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189935356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック