2023年05月05日

高価な烏骨鶏卵を目玉焼きに

DSC05115.JPG
      ” 頂いた烏骨鶏の卵 ”

 珍しい卵を頂いた。ニワトリの一種烏骨鶏だ。連休初日に「先日お願いした件のお礼です」とSUZUKENオーナーさんが持参してくれた。要望には応えらえず「棚から牡丹餅」である。最近は、鶏卵の市場価格が高くなり話題になっているが、烏骨鶏の卵は、そもそも鶏卵と比較が出来ない程高価で殆ど食することはない。
 烏骨鶏の事を調べてみると「烏骨鶏は、小柄であるため肉量が非常に少なく、年間産卵数も170〜180個と決して多くないため、実用鶏としての利用には不向きな品種であると言われてきた。一方、百貨店等の食品売り場では、卵が一個約500円程度の高値で販売されることもあり、特殊な肉を扱う販売店では、その独特の黒色の肉を目にすることができる。その理由は、烏骨鶏の卵や肉には、ある種の薬効があると考えられているからである。(家畜改良センター資料より)」と説明されている。
 頂いた翌日の朝食に、高価すぎる目玉焼きを頂いた。
posted by はらっち at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190329142
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック