2023年05月20日

オーニングの修理完了に自画自賛

2023.5.20.jpg

 我が家のウッドデッキ上にオーニングを取り付けたのは、5〜6年前だったろうか。居間の南側は、陽当たりは良いのだが、秋から春先までは歓迎できても6月から9月末までは、陽射しを遮らないと高原のさわやかさとは無縁になる。そのためにオーニングを取り付けた。
 最近、オーニングのシートの張り具合が左右で異なり気になっていたが、それ程のことでは無いだろうと様子見をしていた。昨日、巻取りが不自由なほど酷くなり修理にトライしてみた。脚立を使わなければならない高さでまずこれが障害だ。原因を調べるとシートの取り付け部が剥がれて、左右均等になっていない(上部の写真)。シートを全部取り外して、剥がれているマジックテープを新しい両面テープで貼り直し、且つ固定する面積を増やすために幅広の両面テープを貼った。三脚の上で大きなシートと格闘しながら何とか手直しが出来た。(下部の写真)
 それにしても、シートの固定方法が理に適っていない。オーニングが風に煽られれば取り付け部に大きな力が加わり、シート部が剥がれ易くなるのは当然だ。両面テープでなくプレート等で固定筒に取り付けるのが効果的と思うのだが、今頃は、対策されているかもしれない。いずれにしても修復できたことを自画自賛している。
posted by はらっち at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190359199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック