2010年04月05日

那須の家電店での出来事

image100.jpg

 一昨日、那須塩原市の某家電量販店で家電品を購入した。
どうも調子が悪い。
「昨日、購入した商品のスイッチが機能していないのですが」
「そうですか、欠陥品と思いますのでお取替えさせて頂きます。」
「それでは、明日、お店の方へお持ちします」

今日雨の中を店舗へ出向いた。自宅から8kmの距離。
「あの、昨日連絡をした**です。商品を持ってきました」
係り員
「?????????」
「昨日の電話では誰でも判りますから、と云う事でお名前を教えて頂けませんでした」
「チョットお待ちください」
しばらくして
「交換品が用意してありましたのでカウンターの方へ」
そしてカウンターでパートと思われる女性係員が事務処理をしている。
「こちらに受取の署名をお願いします。」
署名が終わると
「交換の商品です。」
苛立つ気持ちを抑えて、「手数を掛けました」と、一言言葉を添えて、出口に向かう。
この大型量販店は、以前、他店で購入した製品が故障して修理に出した時の対応に感心して好感度アップの好きな店だった。

大たい故障と欠陥品の区別もつかず、販売責任を全く感じてなく「ご迷惑をお掛けしました」の一言も無いのはどうした事か、と車の中でストレスを発散。

旧黒磯地区には大型家電量販店が2店舗ある。競争が激しい。これでは、ネット購入に切り替えたくもなる。雨の日のいや〜な出来事であった。
posted by はらっち at 18:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
電気製品の不良品、時々ありますよね。新品の場合、通電とかしないので自宅に持ち帰ってから発覚することになります。そうしたとき、ちょっと気分悪いです・・。更に対応が悪ければ、もう絶対にあんたとこの店で買わんよ!っていう気持ちになりますよね。おまけにわざわざ持って行って、わびの一言も無いなら・・完全にオーバーヒートしてしまいそうです。マスターの気持ち、よ〜く分かりますね!
で、不良品って・・トースターなんですか?スイッチが入らないとき、「トースターのかなぁ?」って言いました?(^◇^;)
Posted by 小次郎パパ at 2010年04月05日 23:01
 お帰りが早すぎませんか。
又、午前様ではないかと想像してましたが。
不良品は、「トースターのかなぁ?」のトースターではなく、ミキサーでした。
頭の中がかき回されて、違う絵を貼ってしまいましたね。
前回の対応が良かったのは、”人”だったんですね。その企業の風土、教育水準では無かったんですね。残念。
逆も言えるかもしれません。今回の対応者は、基準を満たしていない、ただの人だったのかも。(私は良い人だ、笑い)
Posted by マスター at 2010年04月05日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36884276
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック