2010年05月01日

小深堀の今

DSC05988c.jpg
        ”湿地帯の日本さくら草の群生”(4月30日)

 連休の谷間に、hideさん悠遊さんと小深堀へ出かけた。
小深堀は、昭和天皇が植物観察・研究に訪れられた所として、知られている。
68号線を池田を過ぎて間む無く田園風景が広がるが、その一角を指す。
ここは多くの花が咲き、写真愛好家が訪れている。
野焼きの跡が残り、黒く墨になっている草木も眼に付く。
hideさん、悠遊さんは、山野草に造詣が深い。教えられるままに、指を指される野草にカメラを向ける。
”日本さくら草”“春リンドウ””アカネスミレ”等マクロレンズの世界が楽しめる。

ワラビが出る頃には、ワラビ取りの人が多く訪れ、踏み荒らされてしまい、貴重な野草が痛んでいる事が多い。又、心無い人が盗んで行く事もあるらしい。ここで咲くから価値が有り、自宅の庭は“小深堀”にはならない。いつまでも残しておきたい那須高原の一等地である。
posted by はらっち at 21:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須の今
この記事へのコメント
こんにちは。連休もそろそろ後半に入りますね。忙中閑あり・・で小深掘へおでかけでしたか。植物をマクロで撮るのは面白いですよね。肉眼で見えないものも見えますし、意外と想像し得ないものが写っていることもあったりして・・。
昨日同窓会で大阪に行ってきました。みんなそれぞれ、顔に歴史有り・・といった感じでしたね。人生とは、味のあるものだと思いました。
Posted by 小次郎パパ at 2010年05月03日 09:59
こんにちは。
先日は、お世話になりました。
おかげさまで、楽しく撮影が出来ました。

で成果は?
「今回、いつものマクロ(20年前のtamron90)を忘れ、めったに使わない50マクロを使ったので。」と言うことにしておきましょう!(笑)
次はピンクの可愛らしい野生ラン、またご一緒出来たらいいですね。
Posted by 悠遊 at 2010年05月03日 17:56
 小次郎パパさん

今年は、忙中閑ありありですね。
毎年、連休期間中は朝から、店に貼りついているのですが、今年は午後出勤ですよ。
1.5年間在籍した田舎の中学校の同級会に、卒業生でも無いのに誘われたのを理由にいつも出席しています。田舎派、都会派、関係無く昔話で盛り上がる事は楽しいです。
Posted by マスター at 2010年05月03日 22:43
 悠遊さん

こちらこそお世話になりました。
hideさん、悠遊さんの博識には脱帽です。

知識が無いので、撮影に歩いていても見落としている物が
多いのだろうと思います。
野生ラン、是非、出掛けましょう。
トンボの方もよろしく。
Posted by マスター at 2010年05月03日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37484177
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック