2010年06月19日

777-300新造機で帰国へ

R0010875c.jpg
   ”欧州上空の夕陽(6月17日21時現地時間)

 10日〜18日のオランダ・ベルギー周遊はフランクフルト・マイン空港を飛び立って終わろうとしている。
最近は、費用的な条件でビジネスクラスに乗る機会も殆ど無くエコノミーだ。
利用する機種は3−4−3の座席構成が殆どなので、後方の2席を取る事にしている。その方が気兼ねが無い。
利用航空会社は、旅行代理店のツアー旅行以外は、サラリーマン時代からANAを利用している。利用回数も多いので、それなりの特典が利用でき満足しているが、エコノミーは窮屈だ。

今回、復路に登場した飛行機は、777−300の新造機で欧州線は初めてのお目見えらしい。
エコノミークラスでも、2−4−3の座席数で、その分、シート幅は広く、足元も広い。リクライニングした時、背もたれが倒れないでリクライニング出来るのも良い。又、シートテレビのモニター画面サイズも大きく観易いことは何よりだ。これだけ改善されていれば、エコノミークラスもそれほど不満では無い。

しかし、降機する時いつもの如くビジネスクラススペースを通って出口に向かうが、こちらも大幅に改善され、以前のファーストクラス並みになっている。
今回は、マイレージを利用しての特典航空券だったが、ビジネスクラスを利用出来るまで貯めるには、大分掛かりそうだ。
posted by はらっち at 20:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
オランダ・ベルギー旅行、お疲れさまでした。たくさんの思い出や体験を背負って帰ってこられたことと思います。旅先でのことは、追々お話を聞くとして・・まずは火山灰の影響もなく無事に周遊を果たせたことは何よりも良かったと思います。一時は、やきもきしましたからね!(^o^)
往復便は青社の飛行機を利用、ありがとうございました。今はトリプルが就航していますので、残念ながら-400には搭乗して貰えなかったようですが、新造機にあたるチャンスを得て良かったですね。車でも何でも、新車は気持ちの良いものです。エコノミーは、満席でなければそれなりに心地よい空間となりますが、満席だと確かに・・窮屈。
欧州の夕焼け空、綺麗ですね〜。懐かしく昔を思い出しました。
Posted by 小次郎パパ at 2010年06月20日 07:12
小次郎パパさん

おはようございます。
おっしゃられるように「アイスランド火山」の影響が無かったのは何よりでした。
今回は777−300でしたが、これまでの欧州線ではいつも747−400でしたね。そのつもりで後方の二人席を予約したのですが、新造機は、右側席が全席二人席だったんですね。
窓ガラスに傷が無いので、機外の写真を撮るには良かったです。
小次郎パパさんは、以前はこの景色を堪能されておられたのですね。マインのスポットは以前42番だったように記憶してますが、今回は25番でした。乗り継ぎに歩く距離が短いのは、シニアには有りがたい事です。
追加コメント;シトープログラムでゴルフゲームを堪能、パー54を+4で上がりました。コースマネージメントの勉強になりました。ANAに感謝です。
Posted by マスター at 2010年06月20日 07:42
今度は、A-380辺りがターゲットですね。

私は、オーディオケーブルが絡まり、
脱出出来そうに有りません。
Posted by タケチャン at 2010年06月21日 17:26
 タケチャンへ

成田を発つ時、眼の前をシンガポール航空のA−380が横切りました。
大きいな〜と云うヒト言ですね。
機内で快適に過ごせれば、機種には拘りません。
1本,10万円近くする接続コードを購入するはまり様ですと、ま〜海外旅行費用捻出は難しいですか。
軍資金の確保に、精々仕事に頑張ってください。(笑い)
Posted by マスター at 2010年06月22日 07:55
コツコツ地道に努力するしか無いですね。

電源など接続ケーブルにより、画、音が変わるのは
不可思議な事でしたが、実際に変わると、
なかなか抜けられません。

マスターも一本如何ですか?
http://taka801.exblog.jp/i6/
Posted by タケチャン at 2010年06月22日 14:20
タケチャンへ

いや〜、私が手を出す領域では有りませんね。
部屋のレイアウトを変え、設備を好ましい位置にセットする事から始めなければ。
それには、壁を一か所取り外さなければ(笑い)
Posted by マスター at 2010年06月22日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39047525
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック