2010年12月25日

冬至を過ぎて

DSC04778ac.jpg
   
 
 黒磯方面を望むと陽射しがあるが、振りかええて茶臼方面を望むと、雪雲に覆われ山肌一面を真っ白に染めている。
冬至を過ぎたのだから、日の出は早くなって欲しいと急いでいるが、まだ数日前の事だから変化が無いのは当然だ。
朝陽だけが東の空を赤く染め暖かさを演出しているものの、朝方の気温は、マイナス6度を指している。

「湯沸かしが凍結したみたい、見てくださいな」の妻の声で布団から抜け出した。
湯沸かしが凍結したのは今シーズン初めての事だ。
凍結防止のヒーターを直せば良いのだが、お湯を掛ければ治る事から、そのまま放置している。
さ〜て今晩から、風呂桶に水を少し出しておかないと、明日の朝も凍結の心配をしなければならないかもしれない。
posted by はらっち at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
今朝は寒かったですね〜。わが山荘でもマイナス6℃。凍結が心配される状況でした。しかし、気温がこれだけ低いと・・あの凛とした空気感が何とも言えませんね!(-.-)
今回は除雪の心配をしなくて済みましたが、次回はどうなることやら・・。湯本の山岳地帯は、新潟県や福島県の気候に近いですね。隣県から、次から次へと白いものが飛んでくるようです。(-.-;)y-゜゜
Posted by 小次郎パパ at 2010年12月25日 21:21
 小次郎パパさんへ

 朝方の空気は、ダレている身体をシャキットさせてくれますね。愛犬との散歩は、相手が毛皮をまとってるので、こちらも十分に着こんで出掛けます。
おっしゃる通りで、気候は新潟地区ですね。天気予報の当てにならない事甚だしいです。那須連山は真っ白で〜す。
Posted by マスター at 2010年12月26日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42247849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック