2011年02月08日

遠い社会保険事務所

nenkin.jpg
  ”いつもの日本年金機構からの便り”

「あの〜年金振込通知書と年金決定通知書が届いたのですが、説明されている
内容が判りませんので教えてください。」と大田原社会保険事務所へ電話をした。
ここ数年は、応対も低姿勢で丁寧である。
通知書にはお問い合わせは「年金ダイヤルへ」と有るが、いつも話中が続き繋がらないので
最寄りの社会保険事務所へ問い合わせる事にしている。
「ちょっと電話ではお話が通じないようですね」と応対の係員へ話をして
今日、大田原の社会保険事務所へ出掛けて来た。

自宅から25kmの距離にある。以前の住まい横浜市・市が尾からは渋谷までの距離に
相当する。これを当てはめると更に遠くに感じる。
田舎暮らしの不便さの一つである。

社会保険事務所では、受付には3人ほどの並んでいたが、直ぐに別の女性係員が
飛んできて「本日のご用件は・・・・・」と低姿勢で問いかけ、番号札を渡してくれた。

30分ほど待たされ、仕切りのあるカウンターで不明な点を質問する。同じような
疑問を持つ受給者も多いのだろう、テキパキとこちらの疑問を解消してくれた。
お礼を言うと「私共でも判らない点が有る位ですから、・・・」と気遣いの言葉を
返してくれた。

前方に真っ白な那須連山を観ながら、25km先の自宅へ向かった。
posted by はらっち at 16:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
年金・・。シニア生活の貴重な軍資金ですから、内容の十分な理解は重要ですよね。最近の担当者は、それなりに丁寧な対応をしてくれるんですね〜。私も去年から基礎部分を受給していますので、またいろいろと教えてください。何だか減額されるような噂もちらほら・・。
それにしても、昨日の那須連山は綺麗でした。冬の山々は、遠くから見ると素晴らしいシルエットを見せてくれますよね。まるで、どこかの女優さんのように・・。(^_^;)
Posted by 小次郎パパ at 2011年02月09日 16:48
小次郎パパさん

年金は、貴重な生活資金です。しかし、内容が判らないですね。
企業年金、確定拠出年金等と一緒になると、輪を掛けて判らず
泥沼に、4パットの心境に入りますね。
物価指数下落分だけ、目減りしてますね。

奈須連山の美しさを女優さんに例えるとは・・・・・・。
さ〜て、描いておられるのは? まさか新橋の・・・・・。(笑い)
Posted by マスター at 2011年02月09日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43299002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック