2011年02月17日

S機長の飛行機で沖縄へ

「2月14日の127便で沖縄へ行く予定をしてます」とANAジャンボ機長Sさんに
話をした。ひょっとしたら、上手い事調整してくれてその便の機長で有れば良いという
希望も込めての話し掛けであった。
すると「私がお抱え運転手で沖縄までお連れします」と嬉しい返事を頂いていた。
培われて来られたお立場で、仕事の割り振りを調整して頂いたようである。

羽田空港に早めに到着し、搭乗ゲート付近で待っていると、制服も凛々しいSさんが
例のバッグを引きながら近寄って来られた。
「いつも那須高原でお会いする姿と違いますね。これではオヤジギャグも封印でしょう」と
いうと「今日は、ま〜、ゴルフ場と同じ気分でお過ごしください」と笑顔で言葉が返って来た。
早速にカウンター前で記念撮影をお願いした。
航空マニアには、S機長ファンも多く、いつも望遠レンズで雄姿を狙われているらしいが、
今日は、その役柄を私が引き受けてガラス越しに操縦席を狙ってみたが、上手い事写らない。
略、真上にある光が反射して邪魔しているようである。

DSC00864c.jpg
  ”Sさん操縦の747-400(2月14日)”

今日は、天候も不安定で気流・気圧も安定していならしく、S機長から飛行高度を調整して
安定に努めている事のアナウンスが有った。その背景詳細に付いては夕刻の琉球居酒屋で聞いた。
着陸時のランディングもスムースで、流石と思っていたが、その辺が技量の違いらしい。
又、向かい風が厳しく到着時間の遅れをカバーするために、経験と技量を駆使された事も伺い、
「なるほど!」と奥深い別世界の一端を知った。

R0011246c.jpg
   ”プレミアムクラスの昼食”
 
ポイントが余っていた事も有り、プレミアムクラスへ変更した。座席は、国際線の
ビジネスクラス相当の広さ・おもてなし環境を楽しむ事が出来る。
昼食時のメニューも拘りがあり、美味しく頂けた。

レンタカーを借りて首里城まで出掛け、ホテルにチェックインをすると、17時を回っていた。
早速にSさんに電話を入れる。
「明日、お早いようですから夕食も早めに始めましょうか」
「それでは、18時にホテルロビーで」

待ち合わせ時間の数分前にロビーに現れた。いつもの如く時間厳守の定時運行である。
歩いて数分の琉球居酒屋へ連れて頂く。行き付けらしい。店構えも店内の雰囲気も申し分ない。
Sさんお薦めの料理と泡盛25度を頂く。
機長には、搭乗12時間前のアルコール摂取量の規則があるらしい。

那須高原では、ゴルフに懇親会そして店の常連さんとしてお付き合い頂いているが、まさか
沖縄でご一緒できるとは思わなかった。
気配りを忘れないSさんに感謝、私には30年ぶり、妻には初めての沖縄が想い出深い旅行になった。 
posted by はらっち at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
少しは旅のお手伝い役が出来て嬉しく思っております。ちょっと天候がイマイチでしたが、安全に沖縄まで送り届けられてホッとしました。何しろ・・、私にとっては大事なVIPですから。(^_^)
今回のイベントは、お互い良い想い出になりましたね!ありがとうございました。m(__)m
Posted by S at 2011年02月17日 16:59
 Sさんへ

いや〜、お金では買えない機会を頂き感謝・感激・雨・アラレでっす。
あんな大きいモノを子供の手をひねるように扱うとは、どうなって入谷の
鬼子母神でっす。
あの大きいモノに比べれば、ゴルフボールなどは小さ過ぎますので、
扱うのはもっと簡単ですね。
それにしても想い出深い旅行になりました。感謝申し上げま〜す。
一部不適切な文言が有りましたので、最適な表現に変更しましたっす。(笑い)
Posted by マスター at 2011年02月17日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43467945
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック