2011年04月27日

越後瀬波温泉 大観荘

 4月24日、瀬波温泉大観荘に泊った。
自宅から甲子トンネル→会津→会津坂下→磐越道→日本海東日本道→神林岩船港IC→大観荘と約250kmの
走行距離であった。那須ICから東北道を経由した方が時間的には早かったようだが、会津の一般道を
楽しむ事にした。福島地区の山々は雪に覆われていたが、新潟に入ると桜が満開で眼を楽しませてくれた。
天候はすぐれず、時々小雨がパラついていた。村上の城下町を一回りし、「㐂っ川」に寄って、宿に
入った。

DSC01516c.jpg
   ”大観荘 入口の看板”

大観荘のWeb siteで情報は得ていたが、宿を眼の前にして規模の大きさに驚く。
鮭の村上らしく看板に鮭の燻製が吊るしてあった。この宿は、「茶臼の森」のオーナーのお薦めである。
支配人とどのような関わりをお持ちか明らかにして頂けなかったが、部屋で荷物を解くと、支配人がご挨拶に見えた。
日本海が眼下に広がる絶景の宿である。残念ながら18時27分日没の夕陽は、雲に隠れて楽しむ事が出来なかった。
夕食も部屋食で贅沢をした。若い仲居さんが甲斐甲斐しく動き教育の質の高さが伺える。

DSC01509c.jpg

 山側に眼を移すと、源泉の湯気が立ち上り湯量の豊富さが判る。館内には、露天風呂を含めて3か所の湯殿があった。

R0011436c.jpg

3階の展望露天風呂からは、日本海が一望できる。この日は、風が冷たく身体全体を湯に沈め、顔は
タオルで覆わないと寒くて入ってられ無い。

リーズナブルな料金で、海の幸を堪能した。自宅から250kmは、成田空港への距離に相当する。
殆どが太平洋側へ出掛けていたが、日本海側も近い事を身をもって感じた。
又、足を伸ばしてみようと思う。
posted by はらっち at 21:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
湯船から眺める日本海の大パノラマは、さぞかし感動的だったことでしょう。♪ババンバ・バンバン・バン♪お天気が良ければ最高でしたのにね!
F氏のお薦めということですから、さぞかし旅館も拘りと風情があって満足の行くおもてなしサービスを受けられたことでしょう。鮭料理を食べながら、サーモン&ガーファンクルを聴く・・なんて言うのも、おっされ〜じゃないですか!(爆)子細はまたこの次にでもお聞かせ下さい。
Posted by 小次郎パパ at 2011年04月28日 06:49
小次郎パパさんへ

石川さゆりの歌を流しながら、日本海を眺めて来ました。
眼を凝らすと北朝鮮が見えるようで、「テポドン」が飛んできやしないかと
ちょっと不安でしたが。(笑い)
鮭は北海道、と思ってましたので、恥ずかしながら村上の鮭を認識しましたっす。
Posted by はらっち at 2011年04月28日 07:09
村上の鮭は以前テレビで見たことがあります。
日本海側は本当に縁がなくて、北側に海を臨むという経験は
何度かしかないのですが、太平洋側とは色も趣きも違うのでしょうね。
またいろんないいところをご紹介くださいませ。
Posted by しゅえっと at 2011年04月28日 09:01
しゅえっとさん

新潟までは、関西からも高速道路を利用すると意外と近いのでは。
大観荘にも関西弁が飛び交っていましたね。
シニア世代、やはり海の幸になりますね。
しゅえっとさんの所は、瀬戸内海に近いですから、新潟まで足を
伸ばす必要も有りませんね。
Posted by はらっち at 2011年04月29日 19:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44601529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック