2011年05月29日

宗教音痴

AGORA.jpg
        ”映画 アレクサンドリアのパンフ より抜粋”

 先日、「アレクサンドリア」を那須フォーラムへ観に行った。
ストーリーは、4世紀末のエジプト・アレクサンドリアに展開する、女性天文学者「ヒュパティア」の生涯を展開している。此処では、ローマ帝国滅亡と共にキリスト教が拡大する模様も異様に映る。

恥ずかしい事に、宗教については疎い。身近な仏教の知識も疎いのだから、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教となれば尚更である。
昨年、スペインを旅した時、イベリア半島のキリスト教の拡大の歴史気的な背景を耳にし、その施設も眼にしてきた。キリスト教に対するイメージが違う。このような事を言うと信徒の方からお叱りを頂くかもしれないが歴史的な事実らしい。

また、「911テロ」 以降、イスラム教の話題性も高い。イスラム教とは、イスラム原理主義とは、とモヤモヤ感がある。

そのような時、昨日、「中東を知ろう」という公開講座が文化センターであった。
講師は、名古屋大 名誉教授の林 茂雄氏。林氏は、那須在住で那須シニアカレッジでもご活躍をされている。もうお一人は NHK解説委員としてお馴染みの平山 健太郎氏である。平山氏は、高校生時代まで那須で過ごされ、御親戚の方達も県内、町で議員の要職でご活躍でる。

「イスラム教とは何か」「パレスチナとユダヤ人」をテーマに判り易く、現状の問題点を含めて話を聞く事が出来た。
「ジハード(聖戦)」のモデルが、日本の特攻隊に有るらしい、と云う事は耳にしていたが、詳細にその経緯を聞くと複雑である。
全てがクリアになった訳ではない。時系列的に整理をして、理解を深めて見ようと思う。そうすれば、より興味を持って報道に接する事が出来そうに思うのだが。
posted by はらっち at 09:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
イスラムの世界は・・良く分かりませんね。宗教的には、唯一存在するのは「アッラーの神」だけなので、その教えに背く民族とは昔から水と油の関係が続いています。イスラム教典の「目には目を・・刃には刃を・・」というのが有名ですよね。やられたらやり返すのが基本なので、過去から紛争が絶えないことも頷けます。なかなか難しい問題ですね!
ちなみに、私は無宗教ですが・・強いて言えば、ゴルフ狂?(笑)
Posted by 小次郎パパ at 2011年05月29日 09:52
 ゴルフ狂の小次郎パパさんへ

アラーの神の弟子にキリストがいる事を知りました。弘法大師もそうなのか??????
クリスマスを祝い、初詣は神社で、お彼岸のおはぎ、ぼたもちを美味しく頂く節操のない私目としては、ま〜いいか。(笑い)
 私は死ぬまで 勉狂(強)かな。(カックイイ!)
Posted by はらっち at 2011年05月29日 10:32
風雨の一日。そうですねイスラム原理主義など、さて何時からどうなっていたのか? Osama bin Laden は消されましたがテロの次のターゲットは原子炉とか?日本にも沢山あります。世界のフクシマとなり雨も怖い。昨日の趣味の英会話でThe children in Japan care about the radioactive rainと放射能が話題となりました。今日はしっかり傘をささねばと思いましたが、、もう防御するほどのことも無い年齢ですかね。
Posted by スーさんです。 at 2011年05月29日 18:23
スーさん

最近は、雨に対しても無防備です。スーさんと同じで今更、ということでしょうか。
原発の情報も信頼できる情報かどうか疑問ですね。早いところ終息して欲しいものです。
Posted by はらっち at 2011年05月29日 19:43
おはようございます。
こんなに早い梅雨入りというのは
記憶にも無いぐらいです。
そんな訳で昨日は一日家でパソコンをいじっていました。
宗教の問題というのは
本当に奥が深く難しい問題です。
キリスト教にしろイスラム教にしろ
「一神教」であり日本の「八百万の神」では根本が違います。
自分の信じる神以外を認めない宗教と
自然界に存在する物にはすべて神が宿るという
日本的な考えとでは相容れない物があると思います。
「Yes」か「No」か「黒」か「白」か
すべてをはっきりとさせる考え方と
どことなく曖昧さが残る日本的考え方は
こんなところから生まれてきているのかもしれません。
でも、私は個人的には
日本的な曖昧さというのは
無視できないところがあると思っています。
これも歳のせいですかね。
「はらっち」さんはなかなか中身の濃い一日を過ごされたようですね。
「はらっち」さんを見習って
有意義な時間を過ごすように反省します。
Posted by シナモンパパ at 2011年05月30日 06:23
シナモンパパさんへ

おはようございます。
喰木原の拙宅は、強烈な風に飛んで行ってしまいやしないかと気になります。
山荘でお過ごしも、天候が悪いと出歩けませんね。同情いたします。(笑い)
宗教関係、良く判りません。シナモンパパさんが云われる通り、日本と世界は違いますね。
海外、特に欧州へ旅すると文化と云いますか宗教観の違いに驚かされます。
那須には、多くの文化人、企業家がお住まいですが、この人達とのつながりも嬉しい事です。

Posted by はらっち at 2011年05月30日 07:53
まさに宗教音痴の王道を行く私です。
一昨年末、在外勤務の友人家族から「次の国へ異動が決まる前に遊びにおいで」
と誘われ、イスラエルに遊びに行きました。
「入国時NoStampと言ってください」とチケット引渡担当者に言われましたが、
理由が担当者もよくわからず、やっぱり大丈夫でしょう・・と不安な回答。
結果、私のパスポートにはイスラエル入国スタンプ押印され、もうこれで、
他の中東国へは入国できないことを後から知りました。
※その後パスポート更新日到来で刷新!どこでもいけます^^
「なぜイスラエル??」誰もがびっくりする国に、私はのんきに遊びに行き、
入国翌日から戦争(ガザ紛争)勃発。
イスラエルに行って、現地に在住される日本人(子どもたちも含め)と話をすると、
必ずイスラム教のこと、中東和平のことが熱く語られ、
わたしには理解不能なことが多々。
のんきに生きている自分が恥ずかしかったです。
那須町広報を見て「中東を知ろう講演行きたい!」と思っておりました。
これってシニア講座だったのですね。
知りませんでした。次回モグリで参加したいです。
Posted by MAO at 2011年05月30日 11:01
MAOさんへ
へェ〜、イスラエルの入国スタンプの件、初めて知りました。勉強になりましたっす。
でもMAOさんみたいに、ひょいっと出掛ける事は有馬温泉。気が弱いですから。
宗教の話になると私目も右に倣え、でっす。
土曜日、お誘いすれば良かったですね。
モグリでもMAOさんは目立ちますでっせ。
堂々と出席を。今回はオープン講座でした。(笑い)
Posted by はらっち at 2011年05月30日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45575469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック