2011年05月31日

パンの名前は?

DSC01943c.jpg
       ”意味不明のパン(5月31日)”

 午前中で予定の仕事も終わり、「さて、どうして過ごそうか」と思案していた。
映画を見に行くべきか・・・・、そうだ久しぶりにパンを焼いてみよう。

パン教室のレシピを見て、復習を兼ねる事にした。
待てよ、チョットアレンジをしてみるか。

水を牛乳にすると、焼き上がりのしっとり感が出るらしい、
ちょっと甘めの食感の「ラム酒付けのレーズン」を入れて見よう。

二次発酵までくると、成型はどうしようか、と悩む。
「う〜ん・・・・、簡単に丸めてしまうか」と云う事で四分割にして丸めてみた。

パン教室のオーブンと我が家のオーブンの違いがあって、焼き上がりが美味く行かなかった。
今回は、焼き具合を覗きながら神経を使う。

「良し」、と取り出すとどうも焼き過ぎの感がある。
表面がフランスパン風である。やはり焼き過ぎかな?
出来たてをほおばってみた。
「おっ、甘みがあって、行けるではないか」と自画自賛。
出来具合は今の実力相当であろう。
posted by はらっち at 19:40| Comment(10) | TrackBack(0) | パン生活
この記事へのコメント
美味しそうですね(*^m^*)
私レーズンパンって大好きなんですよ!
たまになんちゃってパンケーキを焼くので、レーズンのラム酒漬けは、我が家の野菜室に常備されています。

少し話は前回のお話へと戻らせて頂きますが、私はエジプトに出かけてからイスラム教!その他宗教について色々と読み漁りましたが、頭に入って来ないんですよねぇー。
トルコでもキリスト教徒の迫害やイスラム教のモスクの見学等多々宗教に触れる場面はあったのですが・・・
【中東を知ろう】というお話を聞きに出かけられたのですね。
そういうのをわかりやすく教えてもらえると言うのはいいですね。
学生時代には当たり前すぎて感じなかった、教えてもらえる事の学べる事のありがたさを最近は実感します。
Posted by あゆっち at 2011年06月01日 08:04
あゆっちさんへ

焼きたては美味しかったのですが、冷えるとちょっと重たいですね。
この辺が、初心者なのでしょう。

那須地区、結構文化人が住んでいて積極的になれば、その方達との
関わりには事欠かないようです。
あゆっちさんは、トルコへお出かけでしたね。
宗教を理解するのは難しいな〜。
「信じる者こそ救われる」でしょうかね。
Posted by はらっち at 2011年06月01日 09:53
早速オリジナルレシピですね♪
お教室とは環境も道具も違うので、見極めが難しいですよね。
自分のパンは「美味しい」と思って(信じて?)食べてます^^
Posted by しゅえっと at 2011年06月01日 19:49
こんにちは。
私、オーナーさんとスペイン旅行をご一緒させていただいた一人です。

たまにブログを拝見させていただいていました。
鹿児島は気温もグングンとあがり、アイスクリームが食べたい季節になりました。
そんなとき、是非にとパソコンに向かいましたが、残念ながら食することができないこの気持ちを伝えたく、こちらのページからはいりました。

ブログを拝見して、まさかパンをお作りになるとは思いませんでした(笑)
しかしながら、カメラもお似合いでしたがエプロン姿でパンの生地をこねるオーナーさんの姿もとてもお似合いだろうなと、その姿を思い浮かべるしだいです。

一期一会とは申しますが、オーナさんにお会いできたこと、心から嬉しく思っております。

どうぞ、これからもご自身の趣味を楽しみいただきながら、楽しく、そして幸せな人生でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

私たち夫婦もオーナさん夫婦のようになれるよう、これから夫婦の絆をしっかり結んでまりたいと思います。

どうぞご自愛くださいませ。


Posted by NaNa at 2011年06月01日 21:00
NANAさんへ

ご無沙汰です。
鹿児島の一文字で思い出しましたよ。ご主人の勤め先の名刺を頂き、
写真をお送りして良いものか迷って、そのまま熟成しています。(笑い)
集合写真、お勤め先で良ければいつでもお送りできます。
3月末で、アイスクリーム店を閉じました。その時は計画停電を
3回もやられて、潮時と判断しました。
パンは、趣味の延長です。
お逢いできたのもご縁ですね。
新婚さんもお幸せに〜!
Posted by はらっち at 2011年06月01日 23:01
しゅえっとさんへ

オリジナルレシピ、と云うと聞こえが良いですが、
理屈が判らずにやってますので、行き当たりばったりです。
でも楽しいですね。自分で作ったものはそれなりに
美味しく食べられますから。結構病み付きでっす。
Posted by はらっち at 2011年06月01日 23:05
はらっち、さ〜ん!まだそのパン残ってますか〜?
チベットの住民に・・ちべっと下さい!(笑)
Posted by 小次郎パパ at 2011年06月02日 18:21
「意味不明のパン」のキャプションには、思わずフッフッフッと笑ってしまいました。でも重厚で美味しそうですね。アイスクリームは終わっても美味しいパン屋さんも魅力的ですが、また、計画停電がもしあるとすれば、考えものですね。
Posted by サバサバサバ at 2011年06月02日 21:38
小次郎パパさんへ

当店は無許可、当局の眼が厳しいので売人を通して下さい。
合言葉は「那須のチベット」でっす。
麦焦し(ツマンバ)なら、チベット有ります。
Posted by はらっち at 2011年06月02日 22:28
サバサバサバさん

重厚なんです。フランスパンを焼いたつもりは無いんですけどね。
自分の口に入る分でも精一杯ですから、店で売るなど夢のまた夢ですね。
Posted by はらっち at 2011年06月02日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45622921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック