2011年06月02日

那須高原ロングライド、那須高原を走ろう

Long Ride.jpg
      ”NASUKOUGEN LONG RIDEのパンフ”

 「那須高原ロングライド With 宇都宮ブリッツェン」と名を打ってサイクル大会が7月10日(日曜日)に開催される。
この企画は、商工会の委員会でご一緒している「栃プロ」のサイクル好きのオーナー高根沢さんが企画して実現の運びとなったようだ。
「いつか那須高原をサイクル出来るようにしたいですね、ツールド那須が実現できると嬉しいです」
とおっしゃっていたが、このような魅力的な大会がこのように早く実現するとは思ってもみなかった。
特に日本一のサイクルチーム「宇都宮ブリッツェン」を参加させての企画・実現は、その行動力、交渉力等頭が下がる。
大会のサイクルコースを見て、又、驚きである。100km、60km、50kmの3コースになっていて技量・体力などに応じてエントリーできるようだ。
既に、コースを試走するライダー達を眼にする。
 
自宅から500m先のスーパーマーケットまで緩やかな坂になっているが、いつも息絶え絶えで上っている。それをあの峠の茶屋まで上るとなると想像も出来ない。しかし、本格的なライダーには苦にもならないらしい。確かにツールドフランスの放映を見るとアルプス越え等も眼にする。

当日は、ライダーとしての参加はどうみても不可能である。せめてボランティアで運営のお手伝いをしたいと思っている。

ツールド那須高原が実現すれば、那須の魅力を伝える一助になる事は間違いない。
高根沢さんの夢が現実になる事を願ってやまない。
posted by はらっち at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
「ツールド那須」はいいですね!
「ロイヤルリゾート?」と喧伝している那須には、ふさわしいプロジェクトだと思います。私も中学、高校時代は「自転車小僧」で週末は良くサイクリングに出かけたものです(最長は伊豆半島一周です)。それが大学に入ると、いつの間にか車に変わってしまい、いつしか自転車から離れてしまいました。
それが、数年前に思い立って、自転車を購入し再び「昔の夢を」と走り出したのですが、半世紀前とは道路事情が大きく変わり、車が多くて東京では命がけになります。
ヨーロッパ(とくにフランス、イタリアなど)は自転車競技は、日本の野球に匹敵するぐらいの人気スポーツと聞いています。
是非、一回限りのアドバルーンではなく、毎年行われる様なイベントに育てたいものですね。
私もボランティアで役に立てることがあったら、ぜひ参加したいと思っています。
Posted by シナモンパパ at 2011年06月03日 09:03
シナモンパパさんへ

お住まいの都会では、サイクルもままならないでしょうから、この際那須高原の別邸に常備されては如何ですか。今回の「那須ヒルクライムコース」のお近くかと思いますので、次回に備えて、昔取られた杵柄で。
ボランティアの件、高根沢さんにお話をしておきます。
ヨーロッパに行くと、電車内自転車の持ち込み自由ですし、マナーも良いですね。自転車専用道路も完備してますし、サイクル文化が違いすぎます。
Posted by はらっち at 2011年06月04日 07:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45682900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック