2011年07月13日

レーズンバンスを焼く

DSC02627c.jpg
        ”レーズンバンス(7月13日)”

 久しぶりのパン教室、というのも前回はイングランドへ行っていて欠席した。
やけに間が開いた気がする。
今日は「レーズンバンス」。
特徴は、ラム酒漬けのレーズンと、氷砂糖、そして卵だ。
レーズンを生地にまんべんなく練り込む事が、出来上がった後の食感にも影響する事が
出来上がってから判った。
今日は、生地を目分量で分割する事もそれなりに上手く行った。
いつもは大小があって、不揃いが目に付いている。
発酵時間の待機時間を利用して、9月に行われる「修了式、文化祭」について、先日の実行委員会の報告を行った。
初めての事なので、澄子先生よりアドバイス、助け舟を出して頂いた。
皆さんの授業光景をスナップしているので、作品と合わせて展示する事にしている。
いつもの事だが、パンの香ばしい香りが教室に充満し始めた。そろそろ焼き上がり。
「チョット、このオーブン前後の火加減が違うのよね」とSさんの慌てた声、ま〜それなりに焼き上がった。
お互いに出来上がりを批評しながら、締めくくりである。



posted by はらっち at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | パン生活
この記事へのコメント
とてもいい色に焼きあがっていますね。
割れ目から見えるレーズンが美味しそうです。
文化祭があるのですか!パンも出品されるのですか?
出来上がりをみんなで一緒に試食、
ほっとするひと時で、一層美味しく思えますよね。
Posted by しゅえっと at 2011年07月14日 16:19
しゅえっとさん

過分なコメントを頂き感謝でっす。
ちょっと焦げ過ぎかな?と思ってはいますが。
ま〜プロ級のしゅえっとさんのお誉めの言葉を素直に喜びたいと思います。
文化祭、どのようなものか初体験で判らないのですが、
参加者が多くなり、町の文化センターへ変更になりました。
どうなりますか。
Posted by はらっち at 2011年07月14日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46735968
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック