2011年07月31日

蘭”Monique”の蕾

DSC02726c.jpg
     ”Moniqueの蕾(7月31日)”

 連日の雨で蘭の手入れにも気をもんでいる。
長雨に当てると、軟腐病に掛かり易くなるといわれている。殆どの洋ランは亜熱帯が生育の場所である事を思うと雨には強いように思うのだが、何か環境の違いで蘭も対応しきれないのかもしれない。
昨日は、屋外の蘭置き場を作り直した。置き場所の屋根にビニールで覆っているが、横からの雨対策が不十分なのだ。今朝見ると、昨晩の強い雨にも濡れていない。効果が有りそうだ。
吊るしてある鉢を見ていると、一鉢、蕾を大きくしているものを見つけた。昨年末購入した”Monique"だ。夏咲きとは知らなかった。それとも引越してきて環境の違いに、開花時期を間違えたか。どのような花の形、色をしているか楽しみだ。蕾からするとピンク系で”delenatii"のDNAを残しているのかも知れない。
後2〜3日もすれば開花するのではないだろうか。
posted by はらっち at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
このところの雨で、気分もランランとは行きませんね!天候不順が続いています。((;・・ヘ)
この蘭は珍しいものなのでしょうか?モニークなのかモニカなのか分かりませんが・・、開花が楽しみですね。私は、モナカが好きです。(関係ない・・か)
Posted by 小次郎パパ at 2011年07月31日 14:23
小次郎パパさんへ

洋ランは、小規模愛好家ですから、鳳ラン、伊藤ランとまでは行きません。(ナンノコッチャ)
ハイ、品種改良した珍しいといううたい文句です。
果たしてそうなのか、咲いて見なければ判らない、という事ですね。
モナカは足利の古印最中が絶品です。(これも関係ない?)
Posted by はらっち at 2011年07月31日 21:00
はらっちさんおはようございます。
蘭のつぼみ、どんな花が咲くか楽しみですね。
私は昨日、写真教室で神代植物公園に行ってまいりました。
天気はあいにくの小雨模様でしたが、かえって暑くなく花についた滴のクローズアップを撮ってまいりました。妻の採点は「星ひとつ」でしたが、それでも、やっと星がつくようになりました。

蘭の花が咲いたら、もちろん写真を掲載してください。
Posted by シナモンパパ at 2011年08月01日 09:05
シナモンパパさん

おはようございます。
神代植物園に行かれましたか、懐かしいです。
良い写真が撮れたようですね。光画望例会でお披露目ください。
ランの花は、チョット贅沢な背景で撮りたいのですが、我が家ではそれも適いません。(笑い)
開花しましたら、アップしたいと思います。
Posted by はらっち at 2011年08月01日 13:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47048061
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック