2011年08月06日

洋ラン二鉢

 夏場は、洋ランの休眠時期で開花している種類が少ない。
先日、開花が待ち遠しかった「Monique」が咲いた。全体に「デレナディー」の印象が強い。
ペタルの幅は、約8cmで思っていたより小さい。次回は、環境にもなれてもう少し大きな顔で登場して欲しいと願う。

DSC02743c.jpg


開花して半月、大分くたびれて来た「Bro.sanguinea」。どこと無く和風な感じがし、そそとした姿がランらしくなくて良いと思う。
今月中旬の月例会まで持ってくれると持参できるのだが、チョット難しいそう。

DSC02728c.jpg
posted by はらっち at 20:23| Comment(4) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
ついに開花しましたか・・。綺麗な優しい色合いですね。イチゴソフトを思い浮かべます。(^o^)

次は、いよいよゴルフの開花ですかね。アイランドの芝上でパッと咲かせてくださいな!(^_^)b
Posted by 小次郎パパ at 2011年08月07日 07:14
小次郎パパさん

朝夕の那須高原の涼しさを満喫されておられることでしょうね。
えっ暑い?それはゴルフ練習場へ行き過ぎです。(笑い)
ゴルフで開花?既に満開です。30年前から開花しっぱなしで
品種改良が必須です。(農林改良事業委員より)
Posted by はらっち at 2011年08月07日 09:40
「Monique」咲きましたね〜♪
胡蝶蘭しか知らない私は、また1つお利口になりました。^^;
Bro.sanguineaのような、可憐に咲く蘭が個人的に好きです。
蘭の種類は野生種だけで25000種とか?
人の手で作られた園芸品種も含めると数知れず!?死ぬまでに覚えきれませぬ。
私の草刈開花も開花することを願って、自分で待ちわびようと思います。

Posted by MAO at 2011年08月07日 20:55
MAOさんへ

胡蝶蘭(ファレノプシス)は、日本では代表的な洋ランですよね。
今は、バイオ技術で短期間で成長・開花させられます。
このランが無料で手に入る所をお教えしましょう。
早朝の銀座5丁目〜8丁目です。
バー、クラブなどへの贈り物が役目を終えて寂しく捨てられています。
翌年は、咲きますからね。
芝刈も良き指導者が付いているようですから、開花は目の前でしょう。
Posted by はらっち at 2011年08月07日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47205143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック