2011年11月03日

煮込みうどん初体験

hajimari_06.jpg
        ”煮込みうどん(山本屋総本家HPより拝借)”

 「名古屋に来たら煮込みを食べなくっちゃね」とそれぞれが口にする。
「味噌カツ」や「焼き鳥手羽先」は耳にするが、何のことやら判らない。
31日、那須高原から三重県湯ノ山温泉へ出掛けた。現職時にお世話になったKさんとの懇親が目的である。6名が参加して昔話に華が咲いた。
1日の帰り道、名古屋で近鉄から新幹線に乗り継ぎ時間を利用して「味噌煮込みうどん山本屋総本店」へ立ち寄った。昼食が目的であったが、テーブルにはビール・日本酒と並びミニ宴会になった。人気の店だけあって多くの客で賑わっている。
面白いと思ったのは、白菜・大根などの漬物がお代わり自由で、店員がその漬物を持ちながら、席を回っている。トンカツ屋のキャベツお代わりは記憶にあるが、初めてである。
煮込みうどんは、熱々の土鍋でやってきた。信楽焼きらしい。この煮えたぎっているうどんをどのようにして食べるのか、と疑問を解消するように「ふたをとり皿にしてお召し上がりください」と店員の声があった。確かに蓋には穴が開いていない。
食べ始めは、腰の硬いうどんも次第に柔らかくなってゆく。熱い土鍋で再加熱されているらしい。
うどんそのものは、讃岐うどんや稲庭うどんのような美味しさは無いが、味噌煮込みで美味しく頂けているのかと思う。以前、お土産で購入した仲間の一人が「家で作るとこの美味しさにはならないね」という。旅の終わりは、尾張の味噌煮込みうどんで〆である。
posted by はらっち at 19:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
懐かし〜い!名古屋出張の際には、必ず一人で食べに行っていました。
エプロンを付け、思わず「ビールっ」と追加注文したい衝動にかられましたものです。
そういえば、出張が週末のときは東京へ戻るのを止めて、味噌煮込みうどんを食べたあと、ふらりと京都へ向かったこともありました。楽しかったな。
現職時の方々と昔話に華が咲く・・・とてもいいですね。


Posted by MAO at 2011年11月05日 10:37
名古屋は、蕎麦ではなくて・・うどんなんですよね〜。私も子供の頃、味噌煮込みはよく食べました。尾張のお味噌は美味しいんですよ!特に、八丁味噌・・これはおでんにして食べると最高ですね!
Posted by 小次郎パパ at 2011年11月05日 12:21
MAOさんへ

えっ、味噌煮込みをうどんをご存知?
若かりし頃(えっ、今でも若い?失礼)全国を行脚されておられたのでしょうね。
ぶらりと尾張から都へ、旅がらすではあ〜りませんか。
これからの季節、牡蠣鍋もよ〜ござんす。
Posted by はらっち at 2011年11月06日 18:14
小次郎パパさんへ

三重も名古屋エリアですか。
毎日、松阪牛のステーキかと思いましたっす。
八丁味噌ね〜、八丁堀は良く知っているのですが。
味噌こんにゃくもいいですね。栃木はこんにゃくの産地でもあります。
Posted by はらっち at 2011年11月06日 18:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49798246
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック