2011年11月20日

おうちベーカリー・Sumipan

DSC03553c.jpg
        ”ベーコンエピ(11月15日)”

 シニアカレッジパン教室を2回ほど欠席する事で、忘れないために「おうちベーカリー・Smipan」へ行った。開始時間を間違えて訪問した。
10時前、澄子先生宅周囲には、参加者の車が見当たらない。「???」
呼び鈴を押すと、そこで待っておられたかのように、玄関ドアが開き澄子先生が顔を出された。
「あらっ、どうしたの?」
「あの〜、教室は今日では無かったですか?」
「午後からよ、私ね、これから体操教室へ行くの。午後から大丈夫?」
今日は、午後の予定が無いのでOKの返事をして、その足で「ビジターセンター」へ向かい、午後出直した。

「ベーコンエビ」のエピは、フランス語で「麦の穂」の事らしい。パン生地にマスタードをたっぷりと塗り、その上にベーコンを重ねて棒状に巻き上げる。二次発酵前に成形をして切れ込みを入れて形作りをする。出来上がった形が麦の穂に似ている。その事から「ベーコンエピ」というのかもしれない。棒状のものを5ケ所に切れ込みを入れて、切れたパン生地を左右にずらすのだが、思うように行かない。「いや〜、落ちこぼれていますね」と、「あらっ、そんな事は無いわよ、上出来よ、焼き上がりが楽しみだわ」と、出来の悪い生徒を傷つけまいとする優しい言葉が返ってくる。
4名の受講生だったが、皆さんの経験も豊富でてきぱきと進め、「この成形、面白いわ」と余裕の言葉が飛び交っている。
いつもの如く、発酵の間の待ち時間は、澄子先生のご主人が本格的な珈琲を入れてくれる。今日は「モカ」らしい。トラジャを期待していたのだが残念。
出来上がりは、マスタードの香りも手伝って、いつもと違う香りが漂っている。
帰宅して、早速にほおばる。
料理人息子の評価も「久しぶりに良いね〜」と及第点をくれた。
フランスパン粉が食感を良くしているのかもしれない。チョット気分が良い。


posted by はらっち at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | パン生活
この記事へのコメント
相変わらず美味しそうなパンをセッセと焼いていますねぇー(^-^)
パン屋さんでベーコンエピ!結構買います。
しかし意味は今回初めて知りました(~_~;)
マスタードたっぷり♪美味しでしょうねぇー。

長編のイギリス旅行記!見てくださりありがとうございました。
はらっちさんよりも、期間が長かった分回る場所が多く旅行記も長い・長いものになってしまいました。
それでもブッキングしている部分などは改めてはらっちさんの旅行記と比べてみると奥が深く写真の撮り方等勉強になります。
また、沢山の事を学ばせて下さいね。
Posted by あゆっち at 2011年11月21日 10:19
あゆっちさんへ

この「ベーコンエピ」は美味しいいですよね。
フランスパン粉を使うのがポイントのような気がします。マスタードもね。
あゆっちさんの沢山の写真と詳細な紀行記事、いつもの事ながら感服です。
負けないように頑張らなくては。でも、当方、貧乏旅行、差は埋められませんね。
28日のブログ記事もお楽しみに。乞うご期待!

Posted by はらっち at 2011年11月21日 17:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50697014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック