2011年11月28日

ザルツブルグへ

DSC00020c_edited-1.jpg
       ”シートモニター(11月27日)機内にて”

 ルフトハンザLH715便は、定刻より5分ほど早くゲートを離れた。
「ご搭乗のお客様がお揃いですので出発します」との機内アナウンスがあったが、このような事は初めてのように思う。
略、満席の機内は、旅行気分で華やいでいる。
離陸してから全く揺れることも無く、飛行を続ている。6時間を過ぎた頃シートテレビでは、ウラル山脈付近に機影がマークされている。窓の外を見ると漆黒の闇である。6月頃は、眼下にロシアの大地が見渡せたのだが。
一時間ほど飛行すると、西空は赤く染まってきた。後、5時間の辛抱だ。
定刻より早めにミニュンヘン空港へ着陸した。18時、バスでザルツブルグへ向かう。
ツアーバスは、チェコのバスらしい。2時間ほどうとうとしているとザルツブルグのホテルへ到着した。
ホテルの周囲を見渡すと、イルミネーションがクリスマスらしさを感じさせる。
明日から、観光が始まる。この季節のヨーロッパに良い天候を期待するのは難しいと判っていても、滞在中は傘要らずで過ごしたい。

posted by はらっち at 06:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
無事にお着きのようですね。まずは、よ〜ござんした!(^ ^)/
今回もPC持参なんですね。旅先からのレポートが楽しみです。ザルツブルグで美味しいザッハトルテを食べられて、良いですね〜。地のビールも旨いかな・・。
明日からの観光・・お天気がよいことをお祈りしております。
※今日の千葉でのラウンドは、50(19)+45(20)=95(39)でした。
Posted by 小次郎パパ at 2011年11月28日 16:57
小次郎パパさんへ

はいっ、無事到着しました。快適な空の旅でした。
昨日は、インターネット環境が無くて残念思いをしました。
大都市ザルツブルグなのですけどね。
葡萄酒党にも麦酒党にも嬉しい環境でっす。
ウイーンで初めて出来た寿司屋の名前は、「小次郎」との事、
今でも唯一日本人が握っている店とか。
こちらでは、日中が4度、芝刈りには不向きですね。
明日は、ブタペストです。
Posted by はらっち at 2011年11月30日 05:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51064723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック