2011年12月25日

那須検定・「那須学の旅」

テキストブックV.jpg

 「第5回那須検定」の実行委員の一人として参加させて頂いている。
那須町は、高原、リゾート、温泉、那須連山などの那須高原地区と、芭蕉・義経ゆかりの地、芦野・伊王野地区、そして町の中心黒田原地区に分かれるが、縦長の広い町である。
これらの事からも判るが、検定の材料には事欠かない。
時々カメラを片手に歩き、那須町の地理的な事名所旧跡は頭にあるが、歴史的なことになると立ち止まって考えなければならないので、現地を歩きながら再勉強中である
那須検定は、最上位等級が1級で、「ロイヤルリゾート那須マイスター」の称号が充てられるが、現在4名という難関である。
今回の受験対策として、「那須学の旅」と称して受験対策用のツアーを企画した。机上で知識を詰め込むのではなく、現地に赴いて知識を習得して頂こうという「百聞は一見に如かず」の理屈だ。
那須マイスターがご案内をして、合格のノウハウも伝授しようという試みである。
「知る、楽しむ、伝える」という那須を楽しむ極意を味わって頂き、合格して頂ければこれほど嬉しい事はない。
冬の那須は、スキー、温泉だけでなく勉強しながら楽しんで頂けると嬉しい。

 
posted by はらっち at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52377214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック