2012年01月05日

田中邸のムササビ

DSC04227c.jpg

 「ムササビが出てるのだけど撮りに来ない」と写真仲間の田中さんより電話を頂いた。
「余り興味が無いし・・・・・・」と一度はお断りをしたが、出かける事にした。
田中邸は、敷地が広い事もあるが、ベランダ側は一面雑木林に囲まれた絶景で、羨望の的だ。
拙宅からは自転車で5分の距離だが、流石に雪道を自転車で行くのははばかり、車を走らせた。

「田中さん、来ちゃいましたよ」と巣箱付近を探し回ると、フクロウ用の巣箱の上に、猫らしき者が乗っている。
何と、ムササビが丸まっている。小雪がちらついているので日向ぼっことは行かないはずだ。夜行性のムササビが外に出ている。
「近づいても逃げないよ、もっと近くで撮ったら」との声に、恐る恐る歩を進めて7〜8m近くまで寄って、立ち木を三脚代わりにしてシャッターを切った。
ファインダー越には、眼がまん丸の何とも可愛らしい姿が映る。

ムササビとモモンガの違いは判らないが、ある図鑑で面白い解説を見つけた。「空飛ぶ座布団ムササビ」「空飛ぶハンカチーフ・モモンガ」とあった。大きさの違いで判断出来るらしい。
 居間から自然動物・野鳥を観察できるなど羨ましい限りである。
posted by はらっち at 16:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
近所でムササビが見られるんですね。那須は自然の宝庫ですから、動物たちにとっては居心地が良い場所なのでしょう。
雅なご趣味のはらっちさんにとっては、「ムササビ」よりも「ワビサビ」の世界のほうがよろしいんじゃないですか?(笑)私はサビの効いた寿司が好みですけど・・。
わが家には、「空飛ぶ座布団ムササビ」ならぬ・・「空飛ぶ小次郎パパ」がおりまする。近光荘から飛んでいきまっせ〜!(^ ^;)
Posted by 小次郎パパ at 2012年01月06日 19:29
小次郎パパさんへ

田中氏は、ご自宅前の雑木林に、フクロウ、小鳥用、ムササビ要等
多種にわたって巣箱を付けてます。ヤマガラ、コガラ、シジュウカラなど
自分の家の如く目の前のベランダまで飛んできます。
私の場合、「ワビサビ」の世界ではなく、サビサビの身体で、肩が回らず
困ってますね。
近光荘にお住まいの方には、恐れ多くて無理難題は申し上げらシマセン。
Posted by はらっち at 2012年01月06日 21:23
綺麗なムササビですね。本物が見られるとはさすが那須ですね!
先日うちの近所で、うさぎを見ました。野生のうぎに感激です!
はらっちさんも肩が回らないのですね。
私の20?肩もまだまだ治りが悪く回りません。ついでに首も^^;(笑)
あっすみません。こんなコメントをするくらいなら、宿題に取り掛かります(笑)
Posted by MAO at 2012年01月07日 00:09
MAOさんへ

野生のムササビを見たのは初めてです。
愛くるしい表情が良いですね。小枝を食べられる被害も有るようですが。
MAOさんの20?肩は直りが早い方でしょう。若さですね。(ヨイショ)
今日は、ステンドグラス美術館でオルガンの練習をしてきます。(笑い)
Posted by はらっち at 2012年01月07日 06:34
那須は、まだまだ自然豊かですよね〜
先日那須を訪れた時には、雪の中多数のウサギの足跡を見つけました。翌日の朝には、本物の野ウサギも目撃!我が家のウサギが脱走してきたのかと思いました(^^;
Posted by タケ at 2012年01月08日 17:36
タケ さんへ

自然豊かな那須の有り難さを、どこまで理解しているかでしょうね。
最近は、我が家付近も様変わりしています。
えっ、タケさんはウサギを飼っているのですか?
我が家から1km位離れた知人宅でも飼っていますが、
犬のようになついているのに驚きです。
Posted by はらっち at 2012年01月10日 06:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52827557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック