2012年02月08日

オニオンブレッド

DSC04298cc.jpg
      ”オニオンブレッド(2月8日)”

 久しぶりのパン教室である。
昨年の暮れに、「シトーレン」を作って以来なので、約50日ぶりになるが、いつもの文化センター厨房が教室。

今日は、「オニオンブレッド」だ。
いつもより大目の200gの強力粉に二次発酵前に角切りの玉ねぎを混ぜ込むのが特徴である。
水分が多い具材で水分が出易く、満遍なく混ぜ込むのに一苦労する。

そして、焼成前に「クープ」を入れる。
焼きあがったパンは、玉ねぎの甘みが生地に溶け込み、良い味を出している。
久しぶりのパン教室、久しぶりの再会に話が弾む。笑顔の澄子先生との再会にも乾杯!
posted by はらっち at 21:37| Comment(4) | TrackBack(0) | パン生活
この記事へのコメント
ホントに、お久しぶりのパン教室ですね。
コメントさせていただくのも久しぶりです^^
生の玉ねぎ、焼いたときの甘い香りが美味しいですよね。
私はフライドオニオンを混ぜ込んだ生地のを
習ったことがありますが、
独特の甘い香りが大好きで、先日もつくったところです。
Posted by しゅえっと at 2012年02月08日 22:40
しゅえっとさんへ

教室は、1月は休講なんです。本当に久しぶりでした。
玉ねぎは、生以外に炒めて混ぜ込む事も美味しいらしいですね。
そのうちトライしてみようと思ってます。
今朝も、食べてみましたが美味しいですね。
Posted by はらっち at 2012年02月09日 09:05
おっ久しぶりのパンブログ!1月はお休みでいらしたのですね。
このこんがり感がいいですね〜。
無知の私は「クープって何?」・・・お恥ずかしい限りです。
パン教室に通う際には、パン用語を覚えてからにします。そうしないと先生に「次にクープを入れてください」と言われたら、何かを忍び込ませる可能性があります・・・(恥)

Posted by MAO at 2012年02月09日 20:35
MAOさんへ

自分で焼いたパンは格別、女満別です。(笑い)
ク〜プね〜。私も初めて聞きましたよ。
昨日、「貴方ケープ知らない?」と妻から捜査願い。
「知らないな〜」と言いながら、何気なく肩に手をやるとケープの紐が。
頭を洗い慌ててケープを取らずに、ドライヤーで乾かし、
その上にセーターを羽織ってしまったんです。
パン教室へそのまま、誰も注意をしなかったという事は
隠れて見えなかったのか、それとも私に関心が無いのか
いずれにしても、クープとケープ違いのお粗末な一説でした。
Posted by はらっち at 2012年02月09日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53508881
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック