2012年03月26日

四季の那須フォトコンテスト表彰式

DSC00441c.jpg
    ”安達実行委員長のご挨拶(3月23日)”

 「第9回四季の那須フォトコンテスト表彰式」が、23日夢プラザで行われた。
応募点数483点、応募者数167名であった。
今回の審査員は、写真家 石橋睦美氏。
石橋氏は「観光写真なのでレベルは期待していなかったが、作品を見てレベルの高さを再認識した」とコメントされている。
今回の最優秀作品は、「浦安の舞」を撮られたものであった。那須町に長く続いている伝統芸能が陽の目をみて嬉しい。例年、例大祭の一つとして、分湯場で湯汲み際の奉納舞として行われている。
私は、どちらかというと湯汲み祭にレンズを向けているが、「浦安の舞」は、かがり火の下で行われるので、速いシャッターで切れ憎いが、上手く捉えて流石と思う。
今年も10月8日に執り行われるはずだが、例年よりカメラマンが増えるであろうと思う。
作品展は、町内の大型施設を巡回する。
28日には、役場のロビーに展示作業に出掛ける予定である。
posted by はらっち at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
那須フォトコンテスト・・・応募者数167名の中にはらっちさんも入っているのでしょうか?
483点もの中からたった1枚を選ぶ!というのも難しいのでは?と素人ながらに思ってしまいます。
きっと中には甲乙つけがたい作品も多々あったのでしようから・・・

中欧! もの凄い勢いで仕上げられたんですね(≧∀≦)/
楽しく見せてもらいました。
憧れの中欧・・・そして北欧・・・まだまだ行きたい所盛りだくさんです。
グリューワインのグラス♪ 可愛いのがたくさんありますね。
私も今回の旅で3つゲットして帰ってきましたよ(*^m^*)
Posted by あゆっち at 2012年03月27日 10:03
あゆっちさんへ

フォトコンの方は、主催者側の実行委員です。お手伝い役ですね。
作品を選ぶには、最後は審査員(プロ)の好みも大きい要素ですね。
最初の選定基準は、ピンボケでない、プリント仕上げが良い事、
これはどの先生も共通しています。
ツアーは2回行きたいですね。そうすると本当の良さが判るような気がします。
私の友人は、ホットワインを飲んで、そのグラスを集めています。
殆ど素焼き?で味気の無いものが多いような気がします。
クリスマスマルクト、寒いのを我慢すれば安く楽しめますね。
Posted by はらっち at 2012年03月27日 13:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54643931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック