2012年03月30日

桜アンパン(ベーカリールーム・クープ)

 3月14日パン教室を欠席した連中で、特別講座を開いて頂いた。
作品は、「桜アンパン」である。
あんこを入れて、包んで焼けば良いじゃないか、と思っていたら、手の込んだ成形が待っていた。
「白あん」に桜味を混ぜて、それを二次発酵前に・・・・・・・・。これは、手に負えない、と早々に路線変更をして、一部を通常の丸いアンパンにしてしまった。

DSC00464c.jpg
 
 この成形が出来上がりであるが、先生が作られたもので、切り込みのバランスが良い。食べる時に気が付いたが、この切り込みをバランス良くしないと、あんこが均等に口に入らないことが判った。
情けない話しである。


DSC00466c.jpg

 目標の「桜アンパン」の成形を4個にして、あとの二つをアンパンにした。これも結構美味しく頂いた。自画自賛。

DSC00463c.jpg
 
 そしていつもの如く、焼き上がるまでの待ち時間は、ティータイムになる。美味しいコーヒーは、いつもの事。ベーカリールームが、カフェに変身である。
熱々のパンを包んで帰宅。
posted by はらっち at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | パン生活
この記事へのコメント
ねじりアンパンですね^^
切れ込みと餡の考察、さすがです。
私も1月に習いましたが、
「可愛い〜!美味しい〜!」と自己満足しただけでした^^;
桜餡は季節感たっぷりで美味しいですよね。
Posted by しゅえっと at 2012年04月01日 08:52
しゅえっとさんへ

アンパンは、アンたっぷりのものが好きですが、この捻りパンもいけますね。
桜が開花したら、こっそりと花びらをGETして、塩漬けにしておきたいと思います。
那須は、今月末です。
Posted by はらっち at 2012年04月01日 19:01
この時期ならではの「桜」私も大好きです!
日本人でよかったと思う瞬間です!(笑)
切り込みのバランスが重要だとは・・・パンづくりも本当に深いですね。
買うことしかできない私は、驚くばかりです。
あの〜ぉ、はらっちさんのお手製パンが、わたくしの口に入るのは、
いつごろでしょうか〜(笑)
Posted by MAO at 2012年04月01日 21:50
MAOさんへ

大きな声で言うと澄子先生の逆鱗に触れますが、私はあんこたっぷりの
丸いアンパンが好きです。(笑い)
私の手製のパンをご希望とは、危険知らずの若奥様デンナ。
自信作が出来ましたら、配達しましょう。いつになるやら。でっす。
Posted by はらっち at 2012年04月04日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54731800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック