2012年05月10日

白パン

DSC00253c.jpg
      ”白パン  (5月9日)”

 今日のパン教室は、「白パン」であった。
簡単に言えば、「焼き色の付いていないパン」と言う事になるのだろうか。
いつもの材料との違いは、卵が無い、バターが少ない、という事なる。

焼成の時の焼き色がが付くのは、卵とバターの影響が大きいと澄子先生の解説である。又、焼成時のオーブンの温度も低めである。
特別な作業も無く、発酵時間は「おしゃべりタイム」となっている。ご婦人達は、よくもま〜、話題が尽きないものだと感心する位に、次々と話が千切れない。
「次回の茶話会は何処にしますか」と、Y岡婦人と話をする。チョット離れるけど「そばよし」にしようということに話がまとまった。6月になってからのことになるだろうか。

そうこうしている内に、焼きあがった。澄子先生より「皆さん、このパン召し上がって」と先生が作られたパンを勧められ、ほおばる。柔らかく美味しい。焼き上がって、オーブンから取り出しカゴに入れようとすると柔らかくて、持った指の跡が付く。今日も、帰り道では、パンを片手運転する事になりそうだ。
posted by はらっち at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | パン生活
この記事へのコメント
パンの側面が「へこっ!」となっていて
フワフワ感たっぷりですね。
写真を見ると食べたくなります^^
Posted by しゅえっと at 2012年05月11日 13:50
しゅえっとさん

パンは、焼きたてが一番ですね。
ましてや、自作となればなお更でっす。
Posted by はらっち at 2012年05月12日 08:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55760800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック