2012年06月23日

新緑の露天風呂

 車の中にはいつもお風呂用のタオルを用意している。那須高原に住んでいれば、この手の心掛けをしている人は多い。湯本に上がった序でに自在荘へ行ってみた。どちらかというと温泉に入るより新緑の露天風呂をスナップしたいということである。
 気温が上がってくると、どちらかというと硫黄泉より単純泉を利用するようになる。単純泉となると、自在荘さんへ来てしまう。硫黄泉は、いつまでも身体が温かく、夏にはチョット敬遠するようになるが、「温泉は硫黄泉」と頑なに単純泉を敬遠する人もいる。温泉を楽しむには其々でよい。

DSC01723c.jpg

 露天風呂は、二つある。目の前の新緑を眺めながらは、贅沢の極みと思う。デッキチェアも設けられていて、火照った身体を休める配慮もされている。


DSC01733c.jpg

脱衣所を出ると、大きなお風呂がある。ここもゆったりと身体を沈めるには良い。掛け流しの湯の音だけが静かに流れている。 
posted by はらっち at 10:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 那須の今
この記事へのコメント
自在荘の湯・・いいですよね〜♪
「お客さん、カメラの持ち込みは困ります!」・・って言われませんでした?(笑)
確かに、夏場の硫黄泉はチョッと気分的に重たいかも知れませんね。単純泉のほうが、嫌みがなくてよろしいかと・・。
Posted by 小次郎パパ at 2012年06月23日 18:40
小次郎パパさん

自在荘からは、特別な手当ては頂いていませんが、清潔感が有り好きです。
カメラ持込OK頂いたんですが、女将さんから「私の湯浴み姿を撮って」
と注文されたらどうしようかとドキドキでしたね。
幸いにして有りませんでした。この場合は残念、というべきでしょうね。
Posted by はらっち at 2012年06月23日 20:57
そういえば・・・この1ヶ月くらい自在荘さんに行っていません。行かなくちゃ♪♪
雪景色の露天風呂もいいのですが、やはり、
新緑の自在荘〜いいですよね。

自在荘さんの楽しみは、温泉で心地よくなり、
そのあとの無料マッサージ機で、止めをさします。笑
Posted by MAO at 2012年06月25日 09:42
MAOさんへ

新緑の露天風呂は、良いですね。
湯上りの無料マッサージ機で完遂でっか。
確か、あのエリアは高齢者の縄張り、年齢制限に引っかかっていやしませんか。
もし、絵的に溶け込んでいたら問題でっせ。(笑い)
Posted by はらっち at 2012年06月25日 16:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56651390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック