2012年06月26日

特注旅行バック

DSC01750c.jpg
 
 数日前、「カバンが完成しました」と、「鞄工房510」オーナー後藤さんより連絡を頂いた。
直ぐに飛んで行きたかったのだが、都合が付かず今日になった。
工房へ訪れると、後藤さんに迎えて頂き早速に完成品と初対面である。
「果たしてどの様な井出達で、どのような表情で」と想像を膨らます。
「これですが、どうですか」と、手渡された。思い描いていたデザイン、出来上がりに自然と表情が崩れる。
海外旅行で山歩きが入る時は、「ニコン製のリュック」を、町歩きの時は「吉田のカバン」を持参するのが殆どであるが、両方とも大きさ、重さで一長一短があり、希望に見合うものを旅先も含めて探しているが見当たらない。黒田原に手作り鞄工房が有ると知って、お願いする事にした。
このカバンは旅行専用にと思い希望を出して作って頂いた。海外旅行へ出かけると、荷物は少なく、軽くが望ましい。いつも抱えるカバンとなると尚更である。
 仕様:横幅21cmx14cmのガイドブックが収まるポケット付き
    収納は、20cmのレンズが収まる事
    内側の材質は、布製
    全体は牛皮でアクセントに酒袋を使用する
    その皮は、軽さを犠牲にしない厚さである事
という大雑把なお願いをした。
略、希望通りのものが出来上がった。
「あらっ、カバン屋さんが出来そうね」と、納戸に吊るされた数多くのカバン類をみて妻が言う。カメラ用のカバンが多いのだが、捨てる訳には行かない。
それより、この新しいカバンを見ながら、ポケットにはどのガイドブックを入れようかと、悩み始めている。
posted by はらっち at 22:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 海外旅行
この記事へのコメント
オーダーメイドの旅行鞄・・良い感じで出来上がりましたね。きっと海外旅行で活躍してくれることでしょう。(^_^)
私も一時は、ショルダーバッグに凝ったことがありました。どれもこれも愛着があって、なかなか処分できずに部屋の片隅で眠っています。“BAG TO THE FUTURE”で、もう一度活躍の場を与えてあげたいものです・・。(^_^;)
Posted by 小次郎パパ at 2012年06月27日 07:07
小次郎パパさんへ

希望から言うと80点でしょうかね。20点は、もう少しソフトな感じが
欲しかったのですが・・・・・・。
「BAG TO THE FUTURE」座布団一枚!
実は、5月末の旅行に間に合わず、既製品を購入しちゃったんですね。
これも気に入っていて、妻に「鞄屋さんが出来ますね」との一言にも
繋がっています。参りましたね。
今回のはアイランドで8回はプレーが出来ます。
今日から、インスタントラーメンの生活です。
Posted by はらっち at 2012年06月27日 07:46
はらっちさんこんにちは。
バックが気に入ってよかったです!
やはり後藤さんを紹介した以上、ちょっと責任がありますので、気になっておりました。
私は彼の酒袋が気に入って、ショルダーバック3個、ボストンバック2個、クラッチバック2個と次々に買ってしまいました。
それでもいつも使うバックは決まってしまいますので、傷みも激しいですが、彼はいつでも修理をしてくれますので、安心して毎日使ってください。
今度お会いする時に拝見させてください。





Posted by シナモンパパ at 2012年06月28日 10:28
シナモンパパさんへ

情報提供有難うございました。
革製品も良いですが、酒袋、布地のバックも面白いですね。
希望には、80点の出来で略満足です。
日帰り、東京行きにも使えそうです。次回お会いする時に
持参します。
Posted by はらっち at 2012年06月28日 16:25
オリジナルのバック、いいですね!
バックのポケットの使い勝手の良し悪しが、そのバックの利用頻度を決めることが多いです。
きっと、このバックが一番活躍するのではないでしょうか。
素材も高級感がありますね。

Posted by 晴 at 2012年06月29日 19:15
晴さん

オリジナルバックなど身分不相応なんですけどね。
旅先では、「大は小を兼ねる」収納品は、ご遠慮ですね。
目的に合った大きさがベストですね。
海外へ行くと革製品は安いですが、目的合ったものが見つけられなくて。
使うのが楽しみです。
Posted by はらっち at 2012年06月29日 20:18
「おっオシャレなバックだね〜♪」と
お写真を拝見し、主人と感嘆!
私も大のバックフェチで、自宅は鞄だらけです。
「1個買う前に、2個処分すること!」と
主人から言われていますが、捨てられません。(-_-;)
たくさん持っていても、結局旅行に持参するのは、いつも同じ鞄。
黒田原にこんな素敵な鞄工房さんがおありとは!
ぜひ、ご紹介ください。
ただ、お願いするときは、財布の中身と要相談ですが・・・。
Posted by MAO at 2012年06月30日 10:11
MAOさんへ

使用目的に合ったバッグは、其々必要ですよね。
ライフスタイルも変わってくると、バックの出番も変わりますね。
鞄工房は、「鞄工房510」や他にも幾つか(何人か)有ります。
チョット費用が嵩むのが・・・・・。
上京すると鞄や巡りもしますよ。
Posted by はらっち at 2012年07月02日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56721727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック