2012年07月15日

沼原湿原のニッコウキスゲ

 昨日、山狂舎(山の花クラブ)の催しで沼原湿原へ行って来た。
天気予報が外れて曇り空である。ピーカン状態より花の撮影には向いている。参加者は約20名、お見掛けしない人も多い。ま〜、私の出席率が悪く主にそれが原因ではあるが。
自己紹介をそこそこに湿原へ向かう。足元は、昨晩の雨で、ぬかっている。「クマ出没」の看板も眼につく。
この沼原湿原へは、途中に石段は有るもののダラダラと下がって行き、約15〜20分で辿り着く。ここには、2年ぶりかと思う。木道も新調されて歩き易くなっている。渋谷プロの撮影指導で木道に人垣が出来る。一コマ撮影するのに、いろいろな事に気を使いアングルを設定している。参考になる。

DSC01853c.jpg

 ニッコウキスゲは、花が枯れたもの、蕾、開花しているものが混在している。知識不足で今が最盛期なのかどうかは判らないが、枯れた花は撮影には歓迎できないので、遅いというのが正しいのかもしれない。

DSC01867c.jpg

 コバイケソウも終わり、目立った花類が見つからない。いや、見つけられない中で「ノハラアザミ」が、咲いている。蝶とトンボが交互に蜜を求めてやってくる。
ちょっと湿度の高い、沼原湿原であった。
posted by はらっち at 08:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
まさに!はらっち写真展!
すごいお写真ですね♪
手あたり次第、カシャカシャとシャッターを切ってはいけないんだなぁと反省です^^;
このトンボの写真もナイスなシャッターchance。
そういえば、私も2年くらい沼原に行っていません。
Posted by MAO at 2012年07月16日 09:58
MAOさん

過分な評価、痛み入りまっす。
このトンボを撮影する時は、長渕剛のトンボを歌いながら♪です。
沼原は、チョット遅いでしょうかね。
Posted by はらっち at 2012年07月16日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57054803
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック