2012年09月21日

メガネレンズの交換

IMG.jpg
   "左レンズ 処方箋と品質保証カード ”

 昨年秋、庭で草花の撮影をしている時、メガネレンズに傷を付けてしまった。アングルファインダーを覗くのに邪魔になって外して置いた。「忘れないように、傷をつけないように」と大事に置いたつもりであった。何の事は無い「ニワトリ病」で三歩も歩かずに、振り向いた拍子にその上に膝を付いて、表面に無数のごみのような傷が付いたのである。
レンズを交換したいと思い、黒磯のメガネチェーン店へ出向いた。見積をすると「特殊なレンズなので会員割引をして3.7万円ですね」と言われて、「検討します」とその場を繕って帰宅し、不自由を我慢してそのままにしていた。
今年に入って、テレビでメガネチェーン店のCFをしていたのが眼に入った。「そんな安い訳は無いだろう、特殊なメガネは該当しません」とか言われるのが落ちだろうと思い込んでいた。そのチェーン店の支店が西那須野にあることを知った。先日、近くに出掛けた序でに恐る恐る入店し、見積を取った。私も多少はレンズに関する知識有ると自負している。担当の若い女性は、てきぱきと測定し、こちらの質問にも的確に答える。不安・不信感が取り除かれてゆく。レンズ材料のメーカー指定をすると、それでも料金は変わらず同額という。総額1.4万円早速に注文して帰宅した。
一週間後の今日、西那須野へ出かけて出来上がったレンズに交換した。料金の安さもあるが、気分も良く視界良好である。
posted by はらっち at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
これでナイスショット量産体制に入れますね!
おっと・・ちょいとプレッシャーをかけましたでしょうか?(笑)
確かに、最近のメガネチェーン店では安くて良いものがありますよね。だったら、価格の差は一体何なのでしょう?同等のものが2つ作れますもんね!(@-@)
Posted by 小次郎パパ at 2012年09月23日 00:10
小次郎パパさん

ナイスショットには結びつきませんよ。
視界良好は、打った後の話ですから、実力はそのままでしょうね。(笑い)
この遠近両用は、足元を見るには不都合です。慣れないと歪んで見えますからね。
価格差は、加工技術の進歩前のコストで営業をしているのでは
無いでしょうか。今は、非球面加工技術も進化しコストが激減しました。
販売価格の高い店へ、だまされないぞ〜。です。
Posted by はらっち at 2012年09月23日 07:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58423669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック