2012年09月24日

三斗小屋宿跡

 高原アカデミーの講座も今日で最終日を迎えた。講師は、那須温泉に関して精通されている阿久津勉氏「割烹旅館山快」のオーナーである。温泉の事で判らない事が出てくると、阿久津氏の処へ車を走らせ、その回数も多くなり親しく教えていただいている。講義のおさらいに那須温泉全体の話しをされた。その中に「三斗小屋温泉」と宿跡の話が出て来た。
2005年の11月、那須連山が雪化粧を始める頃、宿跡へ写真仲間と出掛けた。その事が想い出された。

PICT0071cc.jpg
      ”三斗小屋宿跡(2005年11月10日)”

 三斗小屋温泉は、那須町ではなく那須塩原市の飛び地になっている。江戸時代に「会津西街道」が通れ無くなって、「会津中街道」が急遽作られ、三斗小屋温泉宿跡は、その会津中街道の途中の宿場であったらしい。2005年に訪れた時は、そこで長老の高根沢氏にお会いしていろいろと昭和初期の話しを聞いた。学校、遊郭も在ったらしい。宿場らしき面影は、掘割や、神社の鳥居、小学校の校庭らしき広場が残っていた。
あれから7年が経過しようとしている。雪が降らないうちに出かけてみようと思う。
posted by はらっち at 21:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ご無沙汰いたしております。随分前(20年以上前)に那須岳山麓〜峰の茶屋跡避難小屋〜那須岳避難小屋経由で三斗小屋温泉の煙草屋に泊まり登山したことを思い出しましたが、写真の石碑は煙草屋や大黒屋の近くにあるのでしょうか?この石碑は思い出せません。懐かしく思います。
Posted by サバサバサバ at 2012年09月25日 11:46
いつかは行ってみたいと思いつつ・・なかなか行けずにおりますね。2時間歩くというのが・・正直なところネックですね。(ああ、情けなや!)
そこに素晴らしいゴルフ場があるというなら・・話は別かも?ですが。(^ ^;)
Posted by 小次郎パパ at 2012年09月25日 17:00
サバサバサバさん

こちらこそご無沙汰です。ACAPOB会のイベントに参加できなくて
申し訳なく思っています。
宿跡は、三斗小屋温泉からは、深山ダムの方(旧会津中街道)へ
約30分ほど下がった所です。
昔の堀や、礎へが残っていて宿場を想像をするのには良い所です。
Posted by はらっち at 2012年09月25日 22:18
小次郎パパさん

宿跡に行くには、色々な道が有りますが、どれも心して
行かなければ成りませんね。宿跡より、三斗小屋温泉が良いでしょうね。
宿跡では、アプローチの練習が出来る空き地は有りまっせ。
Posted by はらっち at 2012年09月25日 22:21
学校や遊郭もあり・・・は、とても興味深いお話でした。^^
学校の名前が「栃木県那須郡高林穴沢小学校 板室分校 三斗小屋分教場」
電話でしたら、最初の名乗りで切られそうです。笑
阿久津先生は、伺えば伺うほど、引き込まれるお話ばかりで、
本当にすごいお方ですよね。
Posted by MAO at 2012年09月26日 10:32
MAOさんへ

学校名をメモされましたね。記事で抜けていることが有りましたっす。
宿跡は、クマの遊び場らしいですよ。楽しまれるには格好の場所かと。
ま〜こちらから驚かすようなことが無ければ、何も問題なし、
と高根沢翁は言っていました。近くに落としたての糞をみると、
鵜呑みには出来ませんでしたけどね。
Posted by はらっち at 2012年09月26日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58491717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック