2013年09月30日

遊行柳の秋

 黒田原の田崎医院で妻が定期診察を受けている待ち時間を利用して、芦野地区まで出掛けてみた。片道車で10分程度である。

DSC05154c.jpg
         ”遊行柳へ (9月30日10時頃)”

 遊行柳は、観光客の姿も無かった。稲刈りも済んで「彼岸花」とサルビアが周囲を赤く染めていた。入口近くには、コスモスが風に揺れていた。

DSC05150c.jpg
         ”遊行庵前の蕎麦畑 (9月30日10時頃)”

 以前から、遊行庵の前の畑には蕎麦が一面に白い花をつけている。遠くからは一面が雪に覆われているようにさせ見える。黄金の稲穂に染まるのも良いが、ソバ畑も良いものである。この芦野地区から294号線を白河方面に進むと米どころ横岡に続く。

DSC05161c.jpg
     ”遊行庵   (9月30日10時頃)”

 遊行柳へ車で訪れると、遊行庵前の駐車場を利用することになる。駐車場前には、遊行庵、遊行茶屋がある。遊行庵には地元の工芸品、菓子類などの展示販売品など、遊行茶屋では、食事をすることが出来る。遊行庵でお茶を頂きながら、店番の婦人と地元の世間話も捨てがたい。
posted by はらっち at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 那須の今
この記事へのコメント
コスモスとサルビアの花が、色鮮やかですね。いよいよ、季節は本格的な秋に入りましたね。
蕎麦の白い花と言えば・・戸田地区の蕎麦畑も見事ですよ。丁度、パンのNAOZOから青木へ向かう道路沿いで見られると思います。青木の練習場へ向かう時に、ちょっと回り道して行かれるのもよろしいかと・・。(^o^)
Posted by 小次郎パパ at 2013年10月01日 08:46
小次郎パパさんへ

那須連山の、見上げると色付き始めたように見えます。
那須地区は、痩せた土地ですから蕎麦に適しているようですね。
30号線沿いも蕎麦畑を多く目にしますね。伊王野。芦野も多いですよ。
新蕎麦、待ち度しいでっす。
Posted by はらっち at 2013年10月01日 19:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76974339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック