2013年11月06日

懇親会は居酒屋で

 ハンブルグ在住のN口女史は、毎年一時帰国する。ハンブルグに出掛けると美味しい店へ案内して頂いたりお世話になっている間柄で、現役時代のハンブルグ出張時までさかのぼる。今日は、そのN口女史を囲んで、写真家のA部氏、同僚のK村氏と懇親会を予定している。私の帰りを心配して、早めの時間帯での始まりとなった。

DSC05078c.jpg
         ”酒悦 入口の展示 (11月5日)”  

 N口女史は、いつも珍しい塩と季節もののシュトレンのお土産を忘れない。いつもお返しの土産の品定めに迷う。というのは、殆ど現地で調達できるものが多いからである。那須の土産にも特徴が無く、今回は日持ちのする「酒悦」の福神漬けにした。昔から我が家の食卓の定番で味も気に入っている。上野から広小路まで歩き、本店へ立ち寄った。今は、真空パックもあり日持ちすることから、有難い。  

DSC05081c.jpg
          ”待合わせ場所 新橋烏森口 蒸気機関車前”

 待合わせは定番の新橋の蒸気機関車広場前、11時半の早い待合わせである。四人とも遅れることなく、毎日会っているような挨拶で再会。北海道の料理を出す店で2時間ほど会食し、その後カラオケへ。メンバーのK村氏は元グリーンクラブの一員、いつも歌を聴くだけでも楽しい。
「18時まではフリータイムですから、ごゆっくりとどうぞ」と案内される。「4時間も歌えないようね」と言いながら部屋へ。
16時半には、解散となった。N口女史とは、来年5月に再会の約束をした。まだ、ベルリン国立絵画館のフェルメール観ていない。健康管理をして実現したいと思う。
posted by はらっち at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80063338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック