2013年11月20日

薪ストーブを焚く

DSC05417c.jpg
       ”我が家の薪ストーブ (11月20日夕刻)”

 今年は、例年より早く10日には、薪ストーブを焚き始めた。朝夕の寒さを凌ぐくらいであれば、石油ファンヒーターで良いのだが、一日中となると、薪ストーブが暖かく経済的になる。我が家の薪ストーブは、ダッチウエストラージタイプで12000kcalの熱量があるのだが、一般家庭用大型石油ファンヒーターの3〜4台分あり、家中が暖かくなる。今年は台風による倒木もあり、色々な所から薪の提供があった。1.5年分は確保できたかもしれない。
薪の調達は、倒木の原木だけでは賄えず、伐採したものを玉切り、割って乾燥して使うのが殆どだが、いつもの調達先森林組合では出来なかった。今年も放射能の影響とかで供給されていない。来年がどうなるのか気になるところだ。
新築時、改築等薪ストーブの設置を検討する人が増えているようだ。那須町は、薪ストーブの設置に補助金の支給がある。化石燃料から自然の燃料へ、と今風な言い方では「エコな暖房」と言えそうだ。
薪ストーブを焚き始めると、私の作業が増えるが、愛犬ミミーも、猫化してストーブの前を陣取る。「ホットドックになるぞ」と声を掛けているのだが、一向に耳を貸さない。来春3月末まで、休み無しの薪ストーブに感謝である。
posted by はらっち at 18:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
品の良い、どこかのリビングルームが写っていますけど・・絵になっていますよね!
いよいよ、薪ストーブの出番がやってきましたか・・。心から温まるには、やはり薪ストーブが一番ですね。(*^。^*)
今年は、我が山荘の薪ストーブは出番が少ないかもしれません。体調のことやら何やらで・・薪の調達を失してしまいました。別荘ライフとは、ほど遠く・・暖を取るのは、灯油ファンヒーターとガスストーブになりそうです。ま、それでも・・死にはしませんけどね。(爆)
Posted by 小次郎パパ at 2013年11月20日 21:39
小次郎パパさんへ

写真は、「真実を写す」といいますが、切り取りも自由ですから
見せたく無い所はカットです。(笑い)
薪ストーブは暖かさ、それも柔らかいですな〜。
震災時の停電の時は、特に重宝して抱きつきたい位い嬉しかったですが
火傷するので止めておきましたっす。
難を言えば、ファンヒータート違って、レスポンスが悪いことですかね。
ま〜、今シーズンもフル回転でっす。
Posted by はらっち at 2013年11月21日 08:05
はらっちさん、こんにちは。
いよいよ薪ストーブの季節到来ですね。
那須の家で薪ストーブにあたるのが楽しみです。
那須の家で過ごし自宅に戻ると、自宅の何と寒いことか・・・。
自宅にも設置したいくらいですが、隣近所がひしめき合っているので無理ですね。
Posted by そらり at 2013年11月21日 13:03
そらりさんへ

ご自宅は、温度が低くても懐の暖かさでカバーが出来るのでは無いですか?
都会ですと、煙突からの臭いで苦情が来るかもしれませんね。
薪ストーブの温もりは、那須の別邸でのお楽しみに。
那須連山は真っ白です。
Posted by はらっち at 2013年11月21日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81016668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック