2013年12月06日

東京ガスの料理教室へ

DSC05124c.jpg
      ”焼成後のツリーパン (12月5日)”

 他のパン教室ではどのような知識を学べるのか、という好奇心で東京ガス宇都宮支店の料理教室へ出掛けた。料理教室といっても今回は「パンと焼き菓子」である。
ゴルフパートナー&パン教室などでご一緒する機会が多い、オルガニストのO夫人に声を掛けた。妻が同行しないというので、一人では心もとない事もあり助っ人だ。
矢板ICから一般道を走って、宇都宮東口近くの東京ガス宇都宮支店に到着したのは、開講10分前。
9名の受講生は、男性二人。講師は女性二人。いつものパン作りの工程が進む。発酵待ち時間の間に次のパートの説明がある。ショールーム内の厨房は、全面ガラス張りで通りからも丸見え。ショールームの目的からすれば当然のことだろう。講習会場は商品の厨房設備が整っている。これらを機材を利用しての作業が進む。
周囲の壁面には、12月、1月のスケジュールが掲示されている。毎日のように料理教室のメニューが並ぶ。男の料理教室もある。受講費用を計算し、これでランチを食べられる思えば安いかもしれない、と良からぬ考えが頭をよぎる。
12時過ぎ、焼成待ち時間に講師が焼いたスノーボールと紅茶を頂く。焼き上がるとそれぞれが教室を後にした。
特別な講義があった訳ではなく、ツリーパンを作るという作業の講義であったが、近代的な厨房でパン作りを経験できた。
田舎暮らしのデメリットは、このようなも催し物の会場が遠いことである。又、興味深いものがあった時、車を走らせて参加してみようと思う。
posted by はらっち at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | パン生活
この記事へのコメント
都会は(笑)、いろんな催し物があっていいですよね〜。
奥様の代わりに、存分に楽しませていただきました!

東京ガスのお料理教室ですので、
ガス器具案内があるかと思いましたが、
「ガス高速オーブンで○○分」とレシピに記載されてるくらいでしたね。^^

ランチ代わりに調理教室!ありです^0^
Posted by MAO at 2013年12月10日 12:56
MAOさんへ

ご一緒頂き感謝です。
参加者は、常連さんのような見えましたね。
ゆったりとした講習でしたが、実を取るなら「coppe」でしょう。
こっそりと案内してあげたいです。
Posted by はらっち at 2013年12月10日 18:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82007983
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック