2013年12月10日

黒田原駅前金子書店

DSC05121c.jpg
      ”金子書店”

 那須町の唯一の書店、金子書店は黒田原駅前にある。
店舗内は、お世辞にも品揃えが豊富とは言えない。週刊誌、月刊誌と専門誌が並ぶ。宝くじ、たばこの販売、文具類と食品を除けばコンビニとも取れそうである。フイルムの販売、写真プリントも手掛け写真業も営んでいる。
最近、店内に足を踏み入れると、音質豊かなジャズが流れていた。思わず音に引き寄せられてスピーカーを覗くとJBLであった。「良い音してますね」と主人に声を掛けると、「JBLで気に入ってます」と笑顔が返ってきた。
この金子書店の話をO村女史に話をすると、「(義父が、黒田原の本屋へ行ってくる)と言っているのは、この本屋ですか」と納得顔。
黒田原駅前が賑わっていた頃は、繁盛していたと想像が出来るが、今は、限られた顧客であろうと思う。
直ぐ近くには、那須町商工会があり時間つぶしに立ち寄るくらいだが、つい専門誌を衝動買いをしてしまう。
田舎暮らしには、自宅で可能なネット購入が有難く遠くなりがちな書店であるが、平陳列の本を手に取る姿は残って欲しいと思う。店舗隅には、ギャラリーを併設し写真を展示している。いつまでも残って欲しい地域の知恵袋。
posted by はらっち at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82300306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック