2014年02月21日

第11回四季の那須フォトコンテスト表彰式

DSC05314c.jpg
          ”表彰式光景 (2月21日午後)”


 「第11回 四季の那須フォトコンテスト」表彰式が、「那須ウエディングスペース ジュピア」で行われた。今日は、除雪した雪が道路脇に積まれ、走り難い寒い日である。受賞された多くの方が、足元の悪い中を参加された。今回の審査員は、私には現職時からのお付き合いを頂いているプロ写真家の阿部秀之氏。
相変わらず話術が巧みで、写真講評をされた。今回は、応募作品、応募者数も多く活況であった。受賞者の顔ぶれを拝見すると、シニア層が殆どなのは、写真愛好者がシニア層であることから止む無し。阿部プロの講評にもあったが、撮影地が那須町内に限定されている事は作品作りの条件が厳しい。それにも拘らず、レベルの高い作品が多いと、関係者の一人として嬉しいコメントを頂いた。

神様の~1.JPG
    ”グランプリ受賞作品 (那須町商工会サイトより拝借)”

 グランプリ受賞は、那須町在住の大平敬一氏の「神様の居場所」。那須茶臼岳山頂の朝陽をとらえた情景である。この情景を撮影するには、暗い内から登山をしなければならない。私には、不可能な行動で考えも及ばない。WEB上では、判り難いがプリントではグラデーションも素晴らしく見入ってしまう。

DSC05309c.jpg
      ”グランプリ、準グランプリなどの盾”
 
 那須町に魅力的な光景が至る所にある。又、歴史的・文化的なイベントも多い。応募テーマは、幅広くなっているので、多くの人に参加して欲しいと関係者は願っている。
posted by はらっち at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 那須情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88031487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック