2014年03月11日

ベーグル(プレーン)を焼く

DSC05380c.jpg
      ” 焼成後のベーグルパン (3月11日)”

 今月の「Baking Studio COPPE」の講座、「ベーグル(プレーン)」を受講した。今は、基礎的な生地に関する知識習得にトライしているので、格好の題材である。
受講生は、ご婦人方4名と私の5名。いつも賑やかな勉強光景。「S夫人から教えて頂いてブログ拝見したいますよ」と嬉しい声も掛けて頂く。
ベーグル作りの特徴は
@ 一次発酵が無い
A 油性分が無い
B ケトリングを行う
等、これまでのパン造りと異なる。
特に、ドーナツとは異なるがドーナツ形状を作るには、皆さん不安を隠しきれない。澄子先生の手本を参考に手を進める。何とか成形する。二次発酵後のケタリングでは、料理教室のようで、湯で時間の制限もあってその動作に一喜一憂。
焼成後の形状に、首をかしげながらもなんとか様になる。
いつもの如く、来月の予定講座のサンプルの試食、ベーグルも2種類,美味しい珈琲と共に頂き帰路につく。 
posted by はらっち at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | パン生活
この記事へのコメント
私は来週受講です。
予習がてら、読み進めましたが、かなり不安になってきました。(~_~;)
何やらいつも以上に大変そう・・・。

教室では、なんやかんやミスっても、先生の凄腕マジックで、最後はちゃ〜んと、美味しくて絵になるのですが、問題は我が家での復習。
今だにブログにアップできません。笑
Posted by MAO at 2014年03月13日 10:03
MAOさんへ

ベーグルの食感は、好みが分かれるところかも知れませんね。
途中で、鍋料理?というシーンも登場、楽しめますよ。
復習ね、復讐じゃないですようね〜。(笑い)
ブログへのアップをキリン状態でお待ちしていますよ。
Posted by はらっち at 2014年03月13日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90181857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック