2014年03月15日

ホタルが泣いている

DSC05389c.jpg
            ” 河川工事 (3月15日 午後)”

 我が家から68号線までは、500m程の距離にある。その途中に農道を横切るように、小川が流れている。勾配もあって、小川は淀むことなくさわやかな水音をたてながら流れていた。夏には、ホタルが乱舞し100m程離れた我が家の網戸にも、その風情を楽しませてくれていた。又、川のほとりには、野草が生い茂り、春から初冬まで田園らしい光景を作ってくれていた。
3年ほど前であろうか、その橋の上流部がU字型のコンクリートに整備されてから、そのホタルの数が減った。川底が変わって生息環境が変わったためであろう、と云うのがご近所さん達の感想である。
2月になってから、橋の下流付近の河川工事、U字溝敷設の工事が始まった。3月25日までの工事期間とある。目的は、「農業用水路の装工」請負額2330万円と表示してある。この小川周辺では、水田は減り続き数えるほどになった。この水路は、この後ゴルフ場の脇を廻って別荘地を横切り、那須街道へと行く。何処の農業用水路かと疑問を持つが、それより、ホタルが全滅になるのが悔やまれる。川床が戻るまでホタルは楽しめそうにない。この工事がどれほど効果があるのか判らないが無粋な事をしてくれている。
posted by はらっち at 20:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お邪魔します

コンクリにしてしまうと
餌のカワニナが住めなくなってしまうから
ホタル…ダメでしょうね(T_T)
…残念です

最近
雑木林がソーラーパネルに変わってしまったりとか
ちょっと悲しいことが続きます

ソーラーはいいのですが
雑木林を伐採して…
というのは違う気がします

自然が豊かであっての那須なので
もう少し行政も考えて欲しいですね
Posted by minmin at 2014年03月16日 19:38
年度末の予算消化のためですかね。。
失った自然を取り戻すのに、どれだけの時間がかかるのでしょう…。
Posted by そらり at 2014年03月16日 22:15
蛍が乱舞だなんて(☆。☆)素晴らしいですね。
生まれてから2度しか蛍を見た事がない私には夢のような話なので、この工事で蛍の生息が危機に陥るのは悲しい事ですね。
自然を壊してしまうのは本当に簡単な事なのだけど、その自然を回復するにはどれだけの時間と労力とお金がかかるか・・・気づいた時には手遅れだった・・・って事にはならないといいですね。
それにして、那須で蛍がそんなに見れるなんて知らなかったです。
Posted by あゆっち at 2014年03月17日 09:23
minmin さん

我が家のドアはロックしてありませんので、訪問大歓迎です。
ホタル今年はダメでしょう。これで町民税は、払うのを控えます。(笑い)
エコという名目で、やたらとソーラパネルを設置していますね。
那須の良さ、資源は何か、単なる人集めの観光事業・行政だけでは
無いはずですがね。無投票当選のマサルちゃんに言わなければ(笑い)
Posted by はらっち at 2014年03月17日 17:06
そらりさん

この小川が氾濫するとは思えませんね。
農地転用宅地化にするために、整備をしているのでは、
と勘繰っています。そこには土地の有力者が陰に・・・・・。
Posted by はらっち at 2014年03月17日 17:11
あゆっちさんへ

那須高原は、至る所でホタル観賞が出来まっせ。
人生2度のホタル観賞?それは残念なことです。(笑い)
もし、これからの人生でホタルが復活しなかった場合、訴訟でしょうか。
イワナも釣れましたよ。でも食べる勇気は有りませんでした。
洗剤にまみれているでしょうから(笑い)
Posted by はらっち at 2014年03月17日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90518551
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック