2014年04月08日

玉切り終了

DSC05411c.jpg
" 玉切りが終わった原木・薪 (4月8日)”

 先週の土曜日に玉切りが終了し、「ファイアーワークスNasu」へ薪割り機の借用をお願いした。
薪の裁断、玉切りは結構な作業になる。2mの原木を3回裁断して50cmの薪を作る。チェンソーがやる事なのだが、中腰での作業が堪える。出来るだけ重い原木を持ち上げずに済むような段取りで進めるのだが、4トンの量となると休み休み作業するので4〜5日は掛った。今回は細めの原木をお願いしたので昨年ほどの大変さからは解消された。
よく、薪ストーブと石油ファンヒーターとの費用比較が話題になる。新たに薪ストーブを設置しようとすると薪ストーブ機の購入より、煙突の設置を含めた取り付け作業代高く、結構な費用が掛るようである。那須町では、薪ストーブ設置に10万円ほどの補助金が出るようだ。
単純に比較すれば、10年ほどで元が取れるようだが、薪ストーブにも色々な課題がある。その一つは、薪ストーブの費用を安価にしている薪割りの作業料。スローライフの名のもとに無料の労力で賄えているのだが、これも加齢とともにあやしくなってくるはずだ。そうすると、薪を購入するか、ペレットストーブに切り替える事になる。そうすると、費用的には石油ストーブと変わりが無くなるかもしれない。
火力(熱量)の大きさ、ビジュアル観、石化燃料から脱皮など利点は捨てがたい。当分、運動不足解消の手助けに薪割りにいそしむ事にしようと思う。
posted by はらっち at 22:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
薪割り作業、お疲れさまでした。これだけの量となると、大変でしょうね。確かに、薪割り作業は体力が必要です。歳と共に段々と作業自体がきつくなってくるのでしょうね・・。でも、あの癒し効果を考えると、やっぱり薪ストーブに勝るものは無いと思います。与作になりきって、体力の続く限り頑張って下さい!(^o^)
Posted by 小次郎パパ at 2014年04月09日 12:09
薪がたくさんだと、なんだか安心しますね。
薪はいつも買ってしまいますが、配達されたものをデッキ下に運ぶのでも結構大変です。。
割るとなるとさらに・・・・。
腰痛にご注意くださいね。
Posted by そらり at 2014年04月09日 13:29
小次郎パパさんへ

只今、薪割り機が到着しました。明日は、これを割ります。
機械がやってくれますので、それほどでもないのですが
割ったのを積むのが厄介ですね。
勿論、薪割り歌は欠かせません。ヘイヘイホ〜ヘイヘイホ〜♪
Posted by はらっち at 2014年04月09日 17:05
そらりさん

今年は、燃やしましたっす。来シーズンは、暖冬であって欲しいと。
また、フトコロが暖かければ、暖房効果は大きいかと思いますが
年金生活者、可能性はゼロに近いかと。(笑い)
明日は、朝から機械の力を借りて与作になりきります。
Posted by はらっち at 2014年04月09日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92758714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック